OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

Android 12アップデートのOPPO。機種によって「機能差」が発生

今月からOPPO Reno5 Aなどで利用できるようになった、Android 12ベースのColorOS 12は現在国内で販売されているオッポ端末では計3機種で利用できます。

ただ同じ「Android 12・ColorOS 12」であっても、OPPO A54 5Gなど機種によっては他の端末と比べ利用できない機能があるなど仕様に差があることが分かりました。

 

通知バーカスタマイズなど機能 OPPO A54 5Gらで利用できず

ColorOS 12(Android 12)で新たに追加された機能は複数個ありますが、例えばバッテリーの残量や通知アイコンが表示される『ステータスバー』を、これまで以上にカスタマイズできるようになりました。

バッテリーアイコンや表示方法を選択することができるようになっているのですが、アップデートしたOPPO Reno5 Aでは本機能を使えるものの、ColorOS 12のOPPO A54 5G・OPPO Find X3 Proには搭載されていません。

設定項目も上記のスクリーンショット(Reno5 A)に比べ、少ないことが見てとれます。

OPPO Reno5 AのColorOS 12と設定項目が大きく変わっている(A54 5G)

ほか「ロック画面のショートカット」を選択できる機能も、OPPO A54 5GとOPPO Find X3 Proでは利用できないものとなっています。

これらの機能は機能に固有されるものではなく、OS更新で追加されたものであるのですが、このようにColorOS 12で利用できるはずの機能が現状『Find X3 Pro』『A54 5G』では開放されていない状況です。



 

OS情報は同じ『ColorOS 12』

OPPO Reno Aなどに搭載されているColorOS 6などの、従来のColorOSでは同じバージョンであっても「6.0」「6.0.1」と複数のマイナーバージョンが存在し、微妙に機能や仕様が異なる場合がありました。

ただ機能が一部利用できないFind X3 Pro・A54 5˝Gと、今月バージョンアップされたOPPO Reno5 のOS情報は、いずれも「ColorOS 12」と表示しています。

このことから、表記上のバージョンは一致しているものの、厳密には機能などが異なるバージョンが存在する可能性が考えられるところです。

現在日本でAndroid 12を使えるOPPO3機種のデバイス情報

 

今後アップデートなどでReno5 A同様仕様に対応期待

OPPO Find X3 Proよりグレードの低い「OPPO Reno5 A」のみでこれらの機能が対応しているとは考えずらく、今後のソフトウェアアップデートを通じて同等の機能が追加されていくものと思われます。

また「OPPO A54 5G」については、OPPO Reno5 Aの1週間後にバージョンアップされたのにも関わらず、Reno5 Aでは使える新機能が利用できないのはやや不可解にも感じます。

OPPOには可能な限りOS更新で追加される機能は均等に提供してほしいところです。

 

関連記事 : OPPO Japan、スマホ2機種を相次ぎ「Android 12」使えるようソフト更新