OPPOラボ

OPPOの使い方から最新ニュースまで発信中!

OPPOでブルーライトがカットできる「夜間シールド」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

目の疲れを軽減できる「ブルーライトカット」。

本記事ではOPPOスマホのブルーライトカット機能『夜間シールド』の設定と使い方を解説します。

 

 

「夜間シールド」 とは?

「夜間シールド」とはOPPOのスマートフォンでデフォルトで利用できるスマホのディスプレイから放たれるブルーライトの影響を軽減できる機能です。

画面の色合いを温かい色に変化させて目への負担を軽減する効果が期待できます。

 

夜間シールドの設定画面にアクセスする

f:id:Azusa_Hirano:20190730093821j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20190816032219j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20190816032237j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20190816032309p:plain

① ホーム画面より「設定」アイコンをタップし設定画面を開きます。

② 「ディスプレイと輝度」をタップして下さい。

③ 『夜間シールド』を押します。

④ 夜間シールドの設定画面に移動します。

 

夜間シールドを使う

時間指定で夜間シールドをオンにする

f:id:Azusa_Hirano:20190816032636j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20190816032640j:plain

① 「スケジュールされた時間」をオンにします。

② 『開始』が夜間シールドを自動的にオンにする時間、『終了』が夜間シールドを自動的にオフにする時間です。

スワイプする事により設定ができ、時間の設定が完了すればそのままホームボタンをタップしホームボタンを押せば設定完了です。

設定後は指定した開始時間に夜間シールドが有効になり、終了時間になれば自動的にオフに切り替わります。

 

夜間シールドを手動でオンにする

f:id:Azusa_Hirano:20190816032636j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20190816032640j:plain

① 『今すぐ有効にする』をタップしてオンにします。

② 画面が黄色っぽく変化すれば完了です。

スケジュールされた時間」をオンにしていない限りは再度手動でオフにするまで夜間シールドが有効となります。

 

コントロールセンターから手動で夜間シールドをオンにする

コントロールセンターからだとサクッと簡単にオンにできます。

f:id:Azusa_Hirano:20190810173038j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20190816040337j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20190816040340j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20190816040346j:plain

① 画面上部端から下にスワイプし、コントロールセンターを開きます。

② コントロールセンターを下にスワイプします。

③ 『夜間シールド』をタップして画面が黄色っぽく変色すれば完了です。

スケジュールされた時間」をオンにしていない限りは再度手動でオフにするまで夜間シールドが有効となります。

夜間シールドの効果を設定する

デフォルトの夜間シールドの設定では黄色っぽく変化しますが、この画面効果を変更する事ができます。

①「スケジュールされた時間」か「今すぐ有効する」をオンにします。

この項目はいずれかをオンにしていないと設定できません。

② 下部にある『ディスプレイ色付き表示』、『白黒ディスプレイ』、『夜間時の快適な画面閲覧』の3つの候補から選択できます。

ディスプレイ色付き表示』▶ デフォルトで設定されています。画面が黄色っぽく変色します。

白黒ディスプレイ』 ▶ 画面が白黒に切り替わります。

夜間時の快適なう画面閲覧』▶ 画面が全体的にグレーや黒寄りになります。「白黒ディスプレイ」とは異なる表示になります。

 

 

 

以上参考になりましたら幸いです。

当「OPPOラボ」ではOPPOを中心に基本的な使い方からニュースまでお届け中です。

またOPPOスマートフォンの事でお困りになりましたらココ『OPPOラボ』に訪れてみてくださいね。