OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

Xiaomiは「おサイフケータイ」に意欲?今後のOPPOのライバルになるか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20200530152116j:plain

現在SIMフリースマートフォンにおいて人気を獲得しているOPPO(オッポ)。同社が日本で飛躍したキッカケとなったのは「おサイフケータイ」(FeliCa)など日本向けの機能を搭載した低価格機種の発売でした。

そしてOPPOよりも1年遅れた2019年末に日本市場に参入したXiaomi(シャオミ)ですが、実は「FeliCa」の搭載に意欲があるようです。

 

 

「実現に向け取り組み中」

f:id:Azusa_Hirano:20200530173725j:plain

先日Xiaomiがが新製品「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9s」を日本投入すること明らかにし、「ケータイWatch」がXiaomiのスティーブン・ワン氏ジユアン・ザン氏の行ったインタビューを敢行し内容を公開しました。

その中で日本向けのローカライズに関する一幕があり、おサイフケータイについて触れています。

――となると、日本市場にローカライズされたモデルの発売などは検討していないですか?

ワン氏
 周波数などは対応させています。そのためにメインボードは日本向けに変更されています。楽天モバイルのネットワークで試験もしており、対応できています。ほかのキャリアとも同様の試験を実施しています。

 ただ、FeliCaなどについては、日本でのみ普及しているものなので、その辺りは日本人エンジニアしかわからないかもしれない。しかし、実現に向けて取り組んでいるところです。

出典 : シャオミは日本市場をどう攻略するか?――日本での展開から5G端末の話まで

FeliCaについて「実現に向けて取り組んでいるところ」とし、既に日本向けの機能の採用に意欲を見せると共に、行動を開始している事を明らかにしました。

 

おサイフケータイ搭載機種でヒットを当てたOPPO

これまでSIMフリースマートフォンにおいておサイフケータイを搭載するメーカーは未だ非常の少ない状況で、採用していたのはシャープの「AQUOS」や富士通の「arrows」など日本メーカーが殆どでした。

f:id:Azusa_Hirano:20191212162535p:plain

富士通「arrows M05」

SIMフリースマホ市場で圧倒的な人気を誇るファーウェイでさえ、これまでおサイフケータイに対応したモデルはNTTドコモ向けの「P20 Pro」や「P30 Pro」など数機種にとどまり、これまでSIMフリーモデルとしてFeliCa搭載機種を発売したことはありません。

f:id:Azusa_Hirano:20200530174353p:plain

おサイフ付きHuawei「P30 Pro」

このように海外メーカーが日本向け機能の搭載に消極的な中で、唯一積極的に動いたのが2018年に日本市場に参入したOPPOです。

2018年に「R15 Pro」19年に一躍ヒットとなった「Reno A」と「Reno A 128GB」を発売、そして2020年はOPPO Reno3 5G」「Reno3 A」と立て続けに2機種のおサイフケータイ対応機種の発売を予定しています。

f:id:Azusa_Hirano:20191008135513j:plain

OPPO Reno A

オッポはこのおサイフケータイ対応機種「Reno A」の発売のよって国内での知名度を急速にアップさせ、日本市場での足場を固める事に成功しました。

そして「OPPO Reno A」は今でも在庫不足になることもある長期的な人気機種にまでなっています。

関連記事 : 売れ続ける人気機種「OPPO Reno A」ファーストレビュー・感想

関連記事 : 格安スマホ会社が明かすOPPO Reno Aの凄さ「ずっと売れている」

 

今後のライバルに?

ご紹介した様にOPPOは競合他社が消極的な、おサイフケータイを中心とした日本向け機能の搭載で人気を獲得しました。

そして遅れて上陸したXiaomiも既に実現に向けて取り組んでいるとしています。

オッポは日本市場参入からわずか7ヶ月程でおサイフケータイ対応機種「R15 Pro」を発売した事を見ると、そう遠くない内にシャオミからもFeliCa搭載機種が発売される事が予想され、仕上がり次第では同機能で人気を獲得したOPPOのライバルにのし上がる可能性も十分ありえます。

f:id:Azusa_Hirano:20190925212014p:plain

7ヶ月でFeliCa搭載「R15 Pro」

日本ユーザーにむけた機能を搭載する機種は一体どの様に仕上げてくるのでしょうか。

未だOPPO以外の海外メーカーは消極的な中、Xiaomiのこの姿勢は素直に歓迎したい所で、今後の展開が楽しみに思います。

 

関連記事 : 原爆PVで炎上中の「Xiaomi」ライバルであるOPPOの評価を上げる - OPPOラボ

OPPO Reno A【日本正規代理店品】アマゾン

情報元 : ケータイWatch