OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

オッポ、OPPO A73のセキュリティを改善。ソフトウェア更新を配信

オウガ・ジャパンが先月から今月3日にかけて、eSIM対応スマートフォンOPPO A73のSIMフリーモデルを対象に最新のソフトウェアの更新を開始しています。

2022年7月分のAndroidセキュリティパッチが適用されるマイナーアップデートとなっていて、SIMフリーモデルと楽天モバイル版の両モデルにに提供が行われています。

 

OPPO A73に7月のセキュリティ更新が実施

OPPO Japanは先月よりOPPO A73に最新のアップデートを行っていて、デバイスに通知された内容によれば、2022年7月のAndroidセキュリティパッチを適用することで端末のセキュリティを向上させるとしています。

更新ファイルサイズは642MBで、ソフトウェアバージョンは「CPH2099_11_C.21」となっています。

更新後、設定の「端末情報」からはセキュリティレベルを示す日付表示が「2022年7月5日」となっており、案内通りにアップデートされていることが確認できます。

ほか確認した範囲では更新前とは大きな変更点などは見られず、更新前と同様に動作していっます。

 

楽天モバイル版にも配信はじまる

このソフトウェアアップデートはSIMフリーモデルの「OPPO A73」のほか、SIMフリーモデルからやや遅れましたが、楽天モバイルモデルにも配信が始まっています。

OPPO A73を販売するRakuten Mobileは、8月2日にソフトウェアアップデートの案内を発表しており「セキュリティの向上」が行われるということです。

OPPO A73のアップデート情報 2022年08月02日

更新後のバージョンはSIMフリー版OPPO A73と同じ「CPH2099_11_C.21」となります。

会社は、公開している更新手順に従って最新バージョンへのアップデートを行うよう呼びかけています。

 

関連記事 : オッポ 「OPPO A73」も販売終了。販売続くスマホは計3機種

情報元(Source) : OPPO A73 | ソフトウェアアップデートのお知らせ | 楽天モバイル