OPPOラボ

OPPOのファンブログ

OPPOスマホのテザリング(インターネット共有)の使い方と設定

外出先でパソコンでネットが必要な作業をしたい時や携帯ゲーム機でオンラインプレイをしたいと思った事はありませんか?

そんな時に便利な「テザリング」機能。しかし使い方がイマイチ分からない方も多いのではないでしょうか?本ページではOPPOスマホでの『テザリング』機能の設定と使い方を解説していきます。

 

 

テザリングとは?

f:id:Azusa_Hirano:20190706152634j:plain

まずはそもそも「テザリング」とは何かを簡単に解説していきますね。

テザリングスマートフォンを経由し、ゲーム機やタブレット端末、ノートパソコンなどをインターネットに接続できる機能です。

ノートパソコンやタブレットを利用する上で欠かせないのは『Wi-Fi』ですよねしかしいつでもWi-Fi環境があるとは限りません。そんな時、スマホからWi-Fiを飛ばし接続できるようにするのが「テザリング」です。

Wi-Fi以外にも『USBテザリング』と『Bluetoothテザリング』が用意されています。

 

テザリングを設定する

f:id:Azusa_Hirano:20190614173047p:plain

まずホーム画面より『設定』アイコンをタップし、設定を開きます。

①設定が開きましたら『その他のワイヤレス接続』を押して下さい。

②すると『パーソナルホットスポット』『USBテザリング』『Bluetoothテザリングと3つのテザリングに関する項目が用意されています。まず最初に『パーソナルホットスポット』から解説します。

 

パーソナルスポット(Wi-Fiテザリング

「パーソナルスポット」はスマホからWi-Fiを発信する多く使われる方法です。

設定項目が多い為少し長くなっておりますがご了承ください。

A.「パーソナルスポットを有効化」ではオンにすると、電波の発信を開始します。

オンにすると同時にスマホ接続していたWi-Fiからは切断され、携帯回線(4G/LTE/3G)での通信に切り替わります。

B.「個人用ホットスポット設定」では発信するWi-Fiの名称(SSID)やWi-Fiのパスワードを変更することが可能です。

C.「接続管理」では今スマホに接続している端末機器の管理などが行なえます。

順に解説していきます。

パーソナルスポット(Wi-Fiテザリング)で接続する

A.「パーソナルホットスポットを有効化」をオンにした後、接続する側のWi-Fi設定から自身のOPPOスマホ名を探して、タップしパスワードを入力して下さい。

初期では「12345678」がパスワードとなっていますが、コチラは次の『個人用ホットスポット』の設定項目で解説します。

B. パスワード入力後、接続に成功しますと画面上部のステータスバーに『個人のホットスポット...』『使用済み 0B』と表示が出ます。

これでWi-Fiテザリングの接続は完了です!

 

 

個人用ホットスポット設定(Wi-Fiテザリング

まずは「個人用ホットスポット」の解説です。

名前』は発信するWi-Fiの名称(SSID)を変更することが出来ます。初期ではそのOPPOスマホの機種名が入力されており、好きな名称で構いません。

セキュリティ』では発信するWi-Fiのセキュリティレベルを設定することが可能で「WPA2 PSK」と『WPA PAK」の2択から選択できます。ここは「WPA2 PSK」の方がセキュリティ性が高いので基本触ることは無いと思います。

パスコード』は発信しているWi-FI接続する際に入力するパスワードです。初期設定では「12345678」ととても適当なので利用する場合は必ず変更して下さい。

AP周波数帯』は発信するWi-Fiの周波数帯を『2.4 GHz 帯』『5 GHz 帯』から選択できますが、「R15 Neo」など一部のOPPOスマホ端末そのものが2.4GHz帯にしか対応していない場合があり、その場合は5GHz帯は選択できません。

2つの周波数帯の違いについては以下を参考にして下さい。

www.softbank.jp

他のデバイスによる検出を許可』は発信するWi-Fiを他の端末にも公開するか否かが選択でき、オフにすると手動でSSID名を検索しない限り接続が行えなくなりセキュリティ性の向上に繋がります。

以上が「個人用ホットスポット」の解説でした。

 

接続管理

「接続管理」では接続している端末機器の確認や制限などが行なえます。

ブラックリスト』ではブラックリストに登録した端末機器を確認や削除できます。

ブラックリストへの追加などに関しては各項目解説の次に説明します。

最大デバイスの接続数』ではスマホに接続可能な機器の数を予め指定し接続台数を制限出来、最大10台までです。

データ制限』ではテザリング使用中の通信量(所謂ギガ)の制限が行え、最小10 MBから無制限まで細かく選択できます。

 

ブラックリスト

先程述べた『ブラックリスト』では接続中の端末の中から接続させたくない物を強制的に切断させ、以後接続できなくすることが可能です。

まずはブラックリストへの追加方法からご紹介です。

①「接続管理」の中の『接続デバイス』に表示されている接続中の機器をタップして下さい。

②するとホップアップが表示されますので『切断してブラックリストに追加』を押して完了です。

 

ブラックリストに追加後、すぐに切断されブラックリストから削除しない限り以後接続が行えなくなります。

削除は『ブラックリスト』から行えます。

 以上パーソナルスポットの設定でした。

 

USBテザリングで接続する

「USBテザリング」はUSBケーブルを通じてパソコンをインターネットへ接続できます。

PCとOPPOスマホを接続した状態でオンにするだけです。それ以降の操作はPCの種類によりますのでPCの説明書等を参考にしてください。

 

Bluetoothテザリングで接続する

Bluetoothテザリング」はその名の通りBluetooth経由で接続することが可能です。

接続方法は簡単で、Bluetoothデザリングをオンにした状態で繋げたい端末のBluetooth設定を開き、そちらもオンにして下さい。

 ① 接続する端末でBluetoothをオンにした後、ご自身のOPPOスマホ名を探して選択して下さい。

② タップ後、ペアリング画面になりますので両方共表示されている数字が一致していれば『ペア設定』をするを押して接続完了です。

接続後、このような通知がくればOKです。

以上Bluetoothテザリングの解説でした。

 

最後に...

f:id:Azusa_Hirano:20190629210515j:plain

以上がOPPOスマホでのテザリング設定と使い方となります。

うまく使えば結構便利な機能なので是非触ってみて下さい!

 

以上参考になりましたら幸いです。

またOPPOの事でお困りになりましたらココ『OPPOラボ』に訪れてみて下さいね。