OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

販売低迷のオッポに回復の兆し、OPPO Reno5 Aなど急に売れ始める

OPPOのスマートフォンの販売数が以前より落ちる週が連続し、スマートフォンの売れ筋ランキングから姿を消すなど不調な状況が約半月に渡って続いています。

しかし販売不調から一転、きのう発表された最新の販売台数ランキングではOPPO Reno5 Aが2位となるなど、OPPOが急激に販売台数を再び伸ばしはじめていることが分かりました。

 

OPPO Reno5 Aで勢い戻す トップに急接近

市場調査を行っているBCNは、きのう11月12日に最新版のAndroidスマートフォンの実売台数ランキングを発表しました。

BCNによれば、2位にOPPO Reno5 A、10位にOPPO Reno7 Aがランクインしているということです。

この2機種は先週のランキングではいずれもTOP 10圏外で、1週間でReno5 A・Reno7 A共に販売台数が伸びている模様です。

1位 Pixel 6a(au)(Google)
2位 Reno5 A(OPPO)
3位 Pixel 6a(Softbank)(Google)
4位 Galaxy A53 5G SC-53C(SAMSUNG)
5位 AQUOS wish2 SH-51C(シャープ)
6位 Pixel 7(au)(Google)
7位 Xperia Ace III SO-53C(ソニー)
8位 Pixel 7 128GB(Softbank)(Google)
9位 arrows We FCG01(FCNT)
10位 Reno7 A(OPPO)

OPPOは10月中旬頃からランキング圏外の状態が続いていたのですが、一転してランキングに再び浮上してきた形です。

また前週2位であったソフトバンクモデルのPixel 6aが位に後退しており、今週のOPPO Reno5 Aはトップの版Pixel 6aに迫る勢いです。

 

旧機種が好調 Reno7も回復傾向に

今週号のランキングで2位にまで一気に返り咲いたOPPO、今回とくに順位を大きく伸ばしたのは旧モデルである「OPPO Reno5 A」でした。

現状としては新モデルよりOPPO Reno5 Aのほうが売れている状況となっていて、OPPO Reno7 Aは10位と最下位ではあるものの土俵に舞い戻ってきた形です。

OPPO Reno5 A

なお現在国内のAndroidスマートフォン市場では米グーグルの「Pixel」シリーズが販売台数を伸ばし続けています。

今回そのPixel 6aを3位に抑えたOPPOでしたが、次週以降も順位を10位以下に落とさず回復の流れを維持できるかが焦点となりそうです。

 

関連記事 : OPPO Reno7 A レビュー。「老化防止」機能が新搭載

情報元(Source) 1 : 今売れてるAndroidスマートフォンTOP10、「Pixel 6a(au)」が9週連続首位 2022/11/12 - BCN+R

情報元(Source) 2 : 今売れてるAndroidスマートフォンTOP10、au版Pixel 6aが8週連続首位 2022/11/5 - BCN+R