OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

少し変わってる「Xiaomi Redmi Note 9S」付属の純正ケースをレビュー・紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20200617194902j:plain

当ブログでも紹介しております、2020年6月に発売されたばかりの最新低価格スマートフォン「Xiaomi Redmi Note 9S」

本機には同梱品として純正のクリアTPUケースもついてきているのですが、少し付属カバー・アクセサリーとしては変わっている所もあったので、ご紹介します。

 

 

ケースの外装

カバーは付属品ではおなじみのクリアTPUケースで、平凡的な見た目をしています。

f:id:Azusa_Hirano:20200617184649j:plain

飛び出しているカメラレンズ部分を保護するため、一部は盛り上がった作りになっています。

f:id:Azusa_Hirano:20200617184709j:plain

そして「変わっている」のは側面下部で、充電校に保護キャップがついています。

これは充電の際やUSB接続を行う際には一手間増えてしまうので、好みが大きく分かれる部分です。

f:id:Azusa_Hirano:20200617184658j:plain

 

Redmi Note 9Sに装着

続いてRedmi Note 9Sに同梱のカバーを装着してみました。

f:id:Azusa_Hirano:20200617184730j:plain

さすが純正品です、ピッタリと収まっています。

またOPPOの付属品のケースであった、硬めに作られている事などもなく、極めて普通です。

f:id:Azusa_Hirano:20200617184719j:plain

キャップは開け締めできます。

f:id:Azusa_Hirano:20200617184740j:plain

上部は通話用スピーカー部分が露出するように切り抜かれています。

f:id:Azusa_Hirano:20200617190153j:plain

カメラ部分も盛り上がった作りのおかげで、飛び出したレンズも保護されています。

f:id:Azusa_Hirano:20200617190241j:plain

ケースの縁はディスプレイよりやや高く設計されている為、画面を下にしておいた場合にも直接ディスプレイが触れないようになっています。

f:id:Azusa_Hirano:20200617190408j:plain

また指紋センサーを兼ねている電源ボタン部分は、指が触れやすいように加工されています。

 

キャップは必要?不要?

このケースで常用していく上で最も気になってくるのはやはり、キャップ部分です。

多少の細かい物の侵入は避けられるかもしれませんが、この手の製品の多くは使っていく上で緩くなってしまう事が多いように思います。

f:id:Azusa_Hirano:20200617191707j:plain

またこのキャップは必要に感じる人とそうでない人も別れてしまうポイントになり、使う人を選ぶ製品となっています。

ちなみに筆者はレビューも兼ねてもう少し使って見る予定です。

 

関連記事 : オマケで充分?OPPO AX7に付属する純正ケースをレビュー

Xiaomi Redmi Note9S【日本正規代理店品】アマゾン