OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

販売終了のOPPOスマホ『製品リスト』から一部が姿を消す

f:id:Azusa_Hirano:20210903221320j:plain



OPPO Japanは1年に複数の機種を発売しており、年々「過去の機種」となって販売を終えるスマートフォンは増加しています。

OPPOホームページでは過去の発売された機種を製品一覧から確認できるのですが、かつて展開されていた「OPPO Rシリーズ」の一部機種の掲載が無くなっていることが分かりました。

 

「製品一覧」から消え去った3つのOPPOスマホ

筆記次点でOPPOの「製品一覧」から消えているの端末は「OPPO R15 Neo」「OPPO R15 Pro」「OPPO R11s」の3つのスマートフォンになります。

いずれも2018年9月末までに発売されたモデルで、このうち「OPPO R15 Neo」は当時コストパフォーマンスに長けていた事で人気モデルでもありました。

f:id:Azusa_Hirano:20210903213948j:plain

製品一覧ページの最深部に表示されている端末

OPPO Japanホームページの製品一覧から「すべて」を選択して振り返ることのできる最も古い製品は、2018年10月に発売された「OPPO R17 Neo」でそれ以前に発売された上記3機種の姿が見られない状況になっています。

 

いずれも数年前に販売終了f:id:Azusa_Hirano:20210322085710j:plain

このように無かったかのような扱いにも見えてしまう上記の3機種ですが、先述している通り、いずれも2018年に発売された端末で、2021年現在は既に発売から3年を迎えており、もうOPPO Japan自身は販売を行っていません。

今後は新製品が発売されていく毎に、製品ページから古い順に姿を消していくものと思われ、次にいなくなるのはOPPO R17 Neoになることになりそうです。

 

修理などのサポートは継続して行われる

過去の機種からホームページから姿を消し始めましたが、一方で端末の修理などといった製品に対するサポートは現在も行われています。

f:id:Azusa_Hirano:20210903220011j:plain

OPPO Japanのサポートページより

なので一覧からいなくなっただけであり、製品自体は今後とも継続して利用が可能。

修理などサポートは現在も受けることができるので、ユーザーに直接的に影響を与えるような問題ではないと言えます。

 

OPPO Japanはこれまで15機種以上のスマートフォンを日本で発売しています。

しかしOPPOも随分機種が増えてきた所。このように過去の機種が削られていくのは仕方ないところですね。

 

関連記事 : Huaweiが売れる?SIMフリースマホ販売数で『OPPO』ファーウェイを下回る

Source : 製品一覧(OPPO Japan)