OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

OPPOの初代スマホが公開

f:id:Azusa_Hirano:20211217033731j:plain

12月16日は日本国内に置いて「電話創業の日」とされており、1890年に初めて電話交換業務が行われたことに由来しています。

それに合わせて、2018年から日本でも携帯電話事業を手掛けているOPPO Japanは同社が初めて販売した初代オッポスマートフォンを公開しました。

 

OPPOの初代スマホを紹介

f:id:Azusa_Hirano:20211216045514j:plain

OPPO Japanは2021年12月16日に、電話創業の日であることに因んで、OPPOが今から13年前の2008年に初めてリリースしたスマートフォンを公式Twitterで公開しました。

機種名は「スマイルフェース」(Smiley Face)、現在のスマートフォンとは異なって、キーパッドが採用されている、フィーチャーフォンの様な外装しています。

左に対比するように並んでおりますのは、2021年に発売された人気モデル「OPPO Reno5 A」です。

f:id:Azusa_Hirano:20211217030910j:plain

2008年に初めて携帯電話市場に参入した 出典 : OPPOの歴史


日本での初代OPPOは別の機種?

 

OPPO Japanが初代スマホとして紹介した「スマイリーフェース」ですが、これはあくまで国外での事で、この機種は日本では発売されていません。

OPPOが日本でスマートフォンの販売を開始したのは、Smailey Faceの発売からちょうご10年後となる2018年で、この年の2月に日本で初めてのオッポ製スマートフォンとなる『OPPO R11s』が、国内市場に投入されることになりました。

f:id:Azusa_Hirano:20211217032823j:plain

ただ日本での「初代OPPO」になったOPPO R11sは、数年後にOPPO Japanの取締役などから、残念ながら売れなかったこと。

またR11sから不作が続いた結果として日本市場から撤退するところまで迫られた事が明らかにされています。

 

関連記事 : 「OPPO Reno A」にオッポは10億円以上掛かっていた事が語られる

Source : OPPO Japan(Twitter)