OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

OPPOの『異常』確認できる「クイックチェック」の使い方

f:id:Azusa_Hirano:20211020003658j:plain

OPPO製スマートフォンに搭載されているColorOSには、不測の事態に備えて、利用者が自身で故障箇所の有無を確認することができる機能が搭載されています。

本記事ではオッポが提供するセルフ診断機能の「クイックチェック」の利用方法を解説しています。

 

OPPOの診断に「クイックチェック」を使用する

まず「クイックチェック」機能はそれ自体の専用アプリをインストールする必要はなく、標準で内蔵されている『フォンマネージャー』アプリより利用することができます。

f:id:Azusa_Hirano:20201215050443j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201215050448j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201215050453j:plain

① ホーム画面もしくはアプリ一覧画面から「フォンマネージャー」をタップし、開きます。

② 起動後に現れるトップメニューから左下の「クイックチェック」を選択してください。

③ 下部の『チェックを開始』を押します。

f:id:Azusa_Hirano:20201215050458j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201215050504j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201215050509j:plain

① OPPO側から端末の診断のために使用する、スマートフォンにアクセスするための権限が要求されますので『許可』を選択すると、端末側が自動で診断する項目のチェックが進みます。

② 自動項目が終了すると、次に画面に指示に従うよう表示されますので「開始」を押します。

タップ後は利用者の操作も必要となるので、必ず表示されるとおりに操作してください。正しく行わないと誤ったデータが算出される恐れがあります。

③ 診断が終わり『異常なアイテムはありません』など診断結果が表示されれば検査は完了です。

f:id:Azusa_Hirano:20201215050532j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201215050537j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201215050542j:plain
自動診断の工程が終了後は利用者がスマホを操作する場面も

 

チェックの検査結果は遡って確認可能

またこのフォンマネージャーの『クイックチェック』を利用して精査した過去の診断データは遡って確認することも可能。

手順は「クイックチェック」画面の左上にある『:』から『記録をチェック』を選択

そこからこれまでに測定された診断データが一覧で表示され、現時点での最新のデータは一番上に表示されます。

f:id:Azusa_Hirano:20201215050516j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201215050522j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201215050527j:plain

この過去のカルテに加えて、定期的にこのセルフチェックを行っていれば、OPPOスマートフォンに異常が生じた際に、いつまで正常であったかを確認するといった使い方ができます。

 

クイックチェックは1つの指標 故障が疑わしい場合はOPPOサポートへ

f:id:Azusa_Hirano:20210701093437j:plain

1つ「クイックチェック」を利用する上で注意したいのは、まずあくまでこれは指標の1つに過ぎないデータであることです、

上述したように、このセルフチェックにはユーザーが実際に端末に触れて確認が進行する項目が存在しており、利用者が1つでも適切にテストを進めなかった場合は正しい診断が行われません。

 

つまりは1度での計測では不測も残る可能性があるため、「異常あり」と診断された場合は複数回チェックを重ねてみましょう。

この上で異常な箇所が検出され、明らかに端末に異常が見られる場合には、OPPOサポートや携帯電話会社に相談し、必要に応じて修理や買い替えなどの対応を検討しましょう。

 

関連記事 : OPPOで「マスク」しても顔認証が通る理由