OPPOラボ

OPPOの使い方から最新ニュースまで発信中!

コスパ良!「OPPO Reno A 128GB」ファーストレビュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20191017170004j:plain

今回、SIMフリースマートフォンでFeliCa(おサイフケータイ)・防水防塵性能など日本向け機能を備えつつ、販売価格3万円台のOPPO製高コスパスマートフォン「Reno A 128GB」を購入しました。

今回は簡単に外装や内部をご紹介します。

 

 

「OPPO Reno A 128GB」の基本スペック

f:id:Azusa_Hirano:20191008135840p:plain

・OSバージョン:Color OS 6.0 Based on Android 9

・CPU:Snapdragon 710

・ストレージ容量 : 128GB

・RAM容量 : 6GB

・ディスプレイサイズ:6.4インチ 水滴型ノッチ付き有機ELディスプレイ

・アウト(外)カメラ:1,600万画素 F1.7 / 200万画素 F2.4

・イン(内)カメラ : 2,500万画素 F2.0

・生体認証 : 対応 (顔認証・画面内指紋認証)

・本体サイズ:158.4x75.4x7.8mm・169g

・バッテリーサイズ:3600mAh

・防水・防塵 : IPX7 / IPX6等級

・VoLTE : 対応(楽天/ドコモ/au/Y!mobile)

・その他 : FeliCa対応、Type-C、DSDV、Wi-Fi(5Ghz対応)、イヤホンジャック

 

今回管理人が購入したのは「楽天版」です。

通常版と楽天版の違いは別の記事で解説しております。下記リンク先を参考にして下さい。

www.oppo-lab.xyz

 

OPPO Reno A 128GBの外観

f:id:Azusa_Hirano:20191017173555j:plain

背面。ブルーにも惹かれましたが、在庫が復活せずブラックを選択。

高級感のある仕上げではありませんが、決して悪くない質感です。

f:id:Azusa_Hirano:20191017170011j:plain

本体下部。ハイエンド端末では廃止されるケースが多いイヤホンジャックも搭載。

f:id:Azusa_Hirano:20191017170022j:plain

本体上部。カメラはデュアルカメラ 本体中央には注目のFeliCaマークが刻印されています。

f:id:Azusa_Hirano:20191017170034j:plain

本体前面。水滴型ノッチ付きディスプレイです。

 

f:id:Azusa_Hirano:20191017165943j:plain

左 : Reno A 128GB 右 : Reno 10x Zoom

7月に発売されたOPPO「Reno 10x Zoom」と並べてみました。

Reno A 128GBの方がややコンパクトで重量も軽く持ちやすいと感じました。

f:id:Azusa_Hirano:20191017170307j:plain

左 : Reno A 128GB 右 : Reno 10x Zoom

続いて背面です。Reno 10x Zoomの方が高級感のある仕上がりですね。

2台の価格差は約6万円以上なので、比較してもさほど安っぽくは感じません。

 

内蔵されているアプリ

Reno A 128GB(楽天モバイル)版には楽天関連のアプリがインストールされています。 

f:id:Azusa_Hirano:20191017190532j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191017173104j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191017173110j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191017173053j:plain

楽天版で加えられているのは「Viber」に楽天関連アプリが「楽天ペイ」「楽天市場」「楽天カード」「楽天銀行」「Rトラベル」「楽天マガジン」「Rakuten TV」「Rakuten Music」。

加えておすすめアプリとして「GaneLife 3.0 Light」「TikTok」「日経ビジネス」「NAVITIME」「MONEY Forward ME」がインストールされています。

 

またこれらの「Viber」や楽天関連・おすすめアプリはいずれのアプリもアンインストールが可能で、不要であれば削除することもできます。

 

おサイフケータイも対応

「Reno A 128GB」の注目ポイントのおサイフケータイ(FeliCa)

当たり前ですがしっかり使うことができます。

f:id:Azusa_Hirano:20191017195618j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191017195623j:plain

「おサイフケータイ」アプリもしっかり動きます。

f:id:Azusa_Hirano:20191017195627j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191017195633j:plain

「Google Pay」アプリもFeliCaのおかげで、Suicaやnanacoなどが追加できます。

現在別の端末に電子マネー類を保存しているので、時間を見つけて移行しようと思います。

www.oppo-lab.xyz

 

カメラ

OPPOは自ら「カメラフォン」と名乗るほどカメラ性能に注力しているブランドです。

以下スマートフォンの中では安価な部類に入る、3万円台の「Reno A」での写真の作例です。

f:id:Azusa_Hirano:20191105155502j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20191105155515j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20191105161134j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20191105155528j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191105155540j:plain
左 : ポートレートモード オフ 右 : ポートレートモード オン

ポートレートモードでは背景をぼかし、雰囲気のある写真に仕上げます。

f:id:Azusa_Hirano:20191105160937j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191105160939j:plain
左 :標準撮影 右 : 最大ズーム
f:id:Azusa_Hirano:20191105155641p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191105155649p:plain
AIが自動でシーンを認識し、適したモードに切り替えてくれます。

 カメラ性能、正直3万円台のスマートフォンとしては満足です。

OPPO Reno A 128GBを購入する

f:id:Azusa_Hirano:20191017225707j:plain

今回ご紹介した「Reno A」シリーズは、各通販サイトから本体単体・通信契約不要で、また格安SIM会社から通信契約込みで購入することが可能です。

詳しくは下記リンク先をご覧ください。

www.oppo-lab.xyz

 

まとめ

f:id:Azusa_Hirano:20191017170022j:plain

初めて触ったReno A、まずまず好感触でした。

Reno 10x Zoomをメインスマートフォンとして利用している身としてまず触ってみて思ったのは、本体の軽さや取り回しの良さです。

これにFeliCaとそこそこ撮れるカメラと来ると改めてコスパの高さを感じます。

レスポンスやColor OS、FeliCaの体感具合などの使用感は、また今後のレビューで紹介していきます。

 

以上参考になりましたら幸いです。

当「OPPOラボ」ではOPPOを中心に基本的な使い方からニュースまでお届け中です。

またOPPOスマートフォンの事でお困りになりましたらココ『OPPOラボ』に訪れてみてくださいね。

 

関連記事 : OPPO Reno Aでゲームはできる?