OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

旧機種より安い!ワイモバ版『OPPO Reno5 A』がフリマ等で大量出品中

f:id:Azusa_Hirano:20210606101737j:plain

今月3日に他社より早くワイモバイルより先行して発売されている、FeliCa対応スマートフォン『OPPO Reno5 A』。

ワイモバでは39,600円で発売中、SIMフリー版は43,800円で販売される予定ですが、このReno5 Aが発売早々メルカリなど中古市場に多数姿を表していて、なんと約4万円の新機種にも関わらず、既に2万円台での出品なども見られています。

 

フリマアプリで「Reno5 A」が2万円台後半で出品相次ぐ

f:id:Azusa_Hirano:20210606094930j:plain

ヤフオクでの「OPPO Reno5 A」

まず現在「メルカリ」「ヤフーオークション」などといった、フリマアプリやオークションサイトで、『OPPO Reno5 A』で検索すると、ワイモバイル版のReno5 Aがかなり多く出品されている事が確認できます。

おそらくは、ワイモバイルへのMNP(乗り換え)を行うことで、Reno5 Aの端末価格が大きく値引きされるようになっている影響と思われます。

f:id:Azusa_Hirano:20210606094842j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210606094847j:plain
メルカリで大量に出回るReno5 Aと、26,000円で買われた個体

画像にもありますとおり、メルカリにおいては、多くの出品では既に3万円台を下回っています。

そして筆者が確認した範囲では右の画像のような、26,000円で取引されている個体も見られ、今月に発売されたばかりの約4万円の新機種とは思えない扱いです。

 

旧機種「Reno3 A」よりも安く買えてしまう

f:id:Azusa_Hirano:20210404083017j:plain

先述のとおり、26,000円〜30,000円ほどの価格設定で売られているOPPO Reno5 Aワイモバイル版。

この値段は実は、現在販売されている旧機種の「OPPO Reno3 A」(SIMフリー版)より安価で、新機種が旧機種より安価に買えてしまう状況となっています。

f:id:Azusa_Hirano:20210604203613j:plain

セール価格のReno3 A(30,430円)よりも安価なReno5 A

筆記時点で、OPPO公式楽天市場店では楽天スーパーセールで特価販売中なのですが、多数のOPPO製品が割り引き販売されています。

ただいずれも型落ち機種ながら上記らのReno5 Aより高価で、よりこのワイモバイル版Reno5 Aの安さをより引き立てています。

ワイモバイル版であることで問題なければSIMフリー版より買いかも

f:id:Azusa_Hirano:20210520120757j:plain

このように、かなり安く買えてしまうワイモバイル版OPPO Reno5 Aですが、1つ留意すべき点はワイモバイルモデルであることでしょう。

まずワイモバのReno5 AではデュアルSIMからシングルSIMへ変更がなされていて、プリインストールアプリもSIMフリー版より多く、また削除できないアプリも存在します。

ただこれらのSIMフリー版には無い諸問題をスルーできるであれば、43,800円で販売されるSIMフリーモデルよりも、上記のメルカリ等で買えば価格が17,000円程の差がつくため、ワイモバイル版を選ぶ大きな理由になるでしょう。

 

関連記事 : 何故か安い、予約中の「Reno5 A」Amazonでは既に4万円を切る価格に