OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

初代だけでなく『OPPO Reno3 A』もNFC性能が不十分と明らかに

2019年発売の初代OPPO Reno Aはマイナンバーカードの読み取りに対応できず、楽天ペイが発表している情報からNFC機能の性能が十分ではないことが分かっています。

その初代OPPO Reno Aの後継機種である『OPPO Reno3 A』もNFC機能の性能が十分でなかったことが、同じく楽天ペイが公開している情報から分かりました。

 

NFC仕様は初代と大きく違ったReno3 A

初代OPPO Reno AはNFC搭載スマートフォンで、当初はマイナンバーカードの読み取りが可能な機種とされていましたが、後日非対応であることが発覚しました。

そして昨年12月には、OPPO Japanよりハードウェアの仕様に依存するものであることから、マイナンバーカード読み取りに対応する予定はないことが明らかにされています。

一方でReno Aの後継機である「OPPO Reno3 A」は問題なくマイナンバーカードの読み取りが可能となっており、前作からのアップグレートポイントでもありました。

このためNFC搭載にもかかわらず読み取れないものがあるといった、NFCが十分に活用できないのは初代OPPO Reno Aのみのものであると考えられていました。

Reno Aでは不可能だった読み取りができるなど初代から進化があった

 

Reno3 AのNFCが「性能が十分でない」との検証結果

しかしマイナンバーカードとは異なる方面から、OPPO Reno AだけでなくOPPO Reno3 AもNFC性能を十分でないとする検証結果が公開されることになりました。

楽天が提供しているバーコード・QRコード決済サービスの楽天ペイでは、ことし9月から新たな決済手段としてNFCを用いたタッチ決済の運用をはじめています。

サービスの提供にあたって、楽天ペイのNFC支払いが利用できる動作確認情報を公開しているのですが、初代Reno Aに並んで「Reno3 A」も『NFC機能の性能が十分ではなかった』とし、タッチ決済が利用できないと掲載されています。

これにより、OPPO Reno3 AもNFC機能の性能が十分ではないことが明らかになりました。

 

 

Reno5 A以降は問題なし 性能不十分の内訳は不明

OPPO Reno Aのみにならず、OPPO Reno3 AまでもがNFC機能の性能の不十分さを楽天ペイにより明らかにされることになりました。

一方でマイナンバーカードが読み取れないとの報告が相次いだReno Aに対して、そうした報告が多く上がっていないReno3 Aでは、どういった部分で性能が十分でないのかが気がかりなところです。

なおOPPO Reno5 AとReno7 Aは問題なく利用可能とされていて、Reno5 A以降のモデルであれば楽天ペイが要するNFC性能の条件を満たしています。

関連記事 : 初代OPPO Reno A「NFC性能」が十分では無いことが判明

情報元(Source) 1 : 楽天ペイの「楽天カードタッチ決済」 - 楽天ペイアプリ

情報元(Source) 2 : OPPO Japan on Twitter: "@decchi_ryou 日頃よりご愛顧頂き、誠にありがとうございます。幾つかの質問を頂いておりますReno Aについてですが、ハードウェアが対応しておらず、今後のソフトウェアアップデートでも対応の予定はございません。大変申し訳ございません。" / Twitter

画像出典 : ぱくたそ - 写真素材・AI画像素材を無料でダウンロード