OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

OPPO Reno3 A、2022年5月のセキュリティアップデートが配信

OPPO Japan(オウガ・ジャパン)は、2020年に発売した「OPPO Reno3 A」のSIMフリーモデルを対象にソフトウェア更新をはじめました。

5月下旬ごろからダウンロードできるようになっていて、今月の配信もセキュリティ性を上げるマイナーアップデートとなり、Androidセキュリティパッチ更新が施されます。

 

オッポ「Reno3 A」のセキュリティ性能を強化

オウガ・ジャパンがOPPO Reno3 Aに宛てたアップデートの通知によれば、2022年5月のソフトウェア更新においては、あらたに2022年5月5日のAndroidセキュリティパッチを適用するとしています。

これによりデバイスのセキュリティ機能が強化されることとなり、前回の3月に行われた配信と同様マイナーアップデートとなります。

更新ファイルのサイズは 251MB と示されています。

実施はOPPO設定アプリ内にある『ソフトウェアアップデート』の項目より、ダウンロードとインストールが可能となります。

 

インストール後 OPPO Reno3 A問題なく動作

本アップデートをOPPO Reno3 A(公開市場版)にインストールを実施したところ、ソフトウェア更新は正常どおり完了しました。

「端末情報」から見られる変更点としては、Androidセキュリティアップデートの日付が5月5日になっていることが確認でき、セキュリティが強化されていることが分かります。

このほかに、現時点で大きな変更点は見られずアップデートを行う前と同様、問題なく機能しています。

関連記事 : 2年前のスマホ「OPPO Reno3 A」で撮影された写真が話題