OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

TwitterのバグによってOPPO内の『検知機能』存在明らかに

f:id:Azusa_Hirano:20211023053112j:plain

現在Android版の公式「Twitter」アプリにおいて、端末内に保存されている画像を投稿すると、その写真が削除・データが破損する不具合が発生しています。

ColorOSのOPPOでもTwitterの不具合の影響を受けていますが、このバグの一見で写真が削除されたことを検知・通知する機能があることが明らかになりました。

 

投稿した「写真」に異常をきたすTwitter

f:id:Azusa_Hirano:20211023052343j:plain

まず現在発生中のAndroid版公式ツイッターアプリにおける画像の不具合ですが、写真をTwitterアプリを通じてツイートすると、投稿元の画像に問題が生じるといったもの。

画像が削除されてしまうものから、画像ファイルの破損まで、同じ不具合でも異常の現れ方は異なる模様、すでに「ねとらぼ」などが報じています。

 

OPPOでは画像の削除が検知された上で「通知」される

f:id:Azusa_Hirano:20210918092500j:plain

この不具合は通常投稿者がスマートフォンの写真アプリから、画像を確認するまでは発覚しにくいものです。

ただOPPO製スマホの場合は、画像がアプリにより削除されたことを検知し通知する機能が備わっていることが、このバグにより明らかになりました。

検知されると画面に『「Twitter」を検知して、1枚の写真を削除しました 削除した画像やビデオは「最近削除した項目」画像セット内に30日間保持します』と表示され、ユーザーに知らされます。

文面からはOPPO側が削除したようにも解釈できますが、これはツイッター側によるものです。

なお今回のバグで起きる写真の消去とは異なるもう1つの問題である、画像データの破損では何も出ないことを確認しました。

f:id:Azusa_Hirano:20211023042114p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20211023042120p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20211023042125j:plain
投稿後に破損した画像データ、この場合は検知機能は働かない

 

TwitterのバグでOPPOの機能がしっかり働いた

f:id:Azusa_Hirano:20210818172812j:plain

このOPPOの画像の削除を検知する通知は、特定のアプリ等を利用していない限りはまず見ないものです。

恐らくは初めて目にすることになるユーザーも多いと思われますが、ユーザーが見ていないところでアプリにより写真が消されたことを知らせる機能が備わっており、それが正常に働いていることを証明したとも言えるでしょう。

 

現在様々な情報が散見されていますが、いまのところはTwitter側の対応を待ちつつ、可能な限り画像の投稿は控えるのがよさそうです。

【2022年10月24日追記】Twitterアプリにアップデートが配布され「画像バク」が修正されました。

www.oppo-lab.xyz

関連記事 : OPPOの「検出機能」探知時の『通知方法』に違い - OPPOラボ