OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

Reno7 A非搭載の「通話録音機能」OPPO A77は何故か対応

OPPO Reno7 Aなど現行のOPPOスマートフォンでは、楽天モバイルモデルを除き自動通話録音機能が搭載されていません。

しかし10月に発売されたOPPO A77は、SIMフリーモデルであるのにも関わらず現行のReno Aシリーズでは対応していない通話の自動録音機能が利用できるようになっています。

 

OPPO A77「通話録音機能」が標準機能に復活

OPPO A77に通話の録音機能が搭載されているのは、プリインストールされている「電話」アプリより確認することができます。

電話アプリを起動して設定画面を開きますと、通話録音機能が搭載されていることが分かります。

有効にすることで、OPPOで音声通話が開始したのと同時に自動的に録音も開始されるようになっています。

「通話の録音」項目がSIMフリーモデルで復活

なおOPPO A77の前モデルに当たる「OPPO A55s 5G」のSIMフリーモデルでは自動通話録音に非対応となっていました。

SIMフリーモデルのOPPO Aシリーズとしては2019年のOPPO A5 2020以来の通話の録音が可能になった形です。

OPPO A5 2020 SIMフリーモデルでは最後の通話録音対応機種だった

 

Reno7 Aとの違いは通話アプリ

モデルのグレードとしてはOPPO Reno7 Aのほうがワンランク上の製品ですが、このOPPO A77との違いは搭載されている電話アプリにあります。

まずOPPO Reno7 AなどSIMフリー版に搭載されている電話アプリは青いアイコンをしたGoogle製のもで、この通話アプリではOPPO端末で自動録音機能を使うことはできない仕様となっています。

現在のSIMフリーモデルのOPPO搭載の通話アプリ

SIMフリーモデルにおける、グーグルの電話アプリの切り替えは2020年の「OPPO Reno3 A」からはじまりました。

一方でOPPO A77に搭載されているのはOPPO純正の通話アプリで、こちらは緑色のアイコンであることが特徴となっています。

OPPO A77ではGoogle製からOPPO純正に戻る

これまで楽天モバイルモデルと一部のワイモバイルモデルは、SIMフリーモデルに搭載されているGoogle製アプリではなく、このOPPO純正アプリが搭載されていました。

OPPO A77では、SIMフリーモデルにOPPO純正の通話アプリが戻ってきた形となります。

 

希望の多い通話録音機能

現在OPPOで本来利用できるはずの通話録音機能が一部モデルを除き非対応となっている状況で、ユーザーとしては不満点となっています。

とくにOPPO Reno7 AやReno5 Aでの楽天モバイル版に限って利用できるというのは同じ機種を使っているのにも関わらず、事実上購入先の通信キャリアによって機能差が設けられているという見方もできます。

OPPO A77にはキャリアモデルはありませんが、SIMフリーモデルでも録音機能が復活したのは嬉しいところで、ほかの機種への波及にも期待したいところです。

 

関連記事 : 通話の自動録音機能、OPPO Reno7 Aは一部モデル除き非搭載に