OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

OPPO Pad Air、順調な売れ行きであることが判明

OPPO Japanが9月に発売したAndroidタブレット『OPPO Pad Air』発売されて以降順調な売れ行きを記録していることが、マーケティング調査会社のBCNの発表から明らかになりました。

 

「OPPO Pad Air」初週の販売台数は6位に

携帯電話など家電の市場調査などを手掛けるBCNは、10月8日に「今売れてるタブレット端末TOP 10」の最新号を発表しました。

そのタブレット端末の実売台数ランキングによりますと、6位にOPPO Pad Airが初めて登場したということです。

ランキングの集計期間は9月26日から10月2日までの1週間で、対象期間中の9月30日はOPPO Pad Airの発売日です。

1位 10.2インチiPad Wi-Fi 64GB スペースグレイ MK2K3J/A(アップル)
2位 10.2インチiPad Wi-Fi 64GB シルバー MK2L3J/A(アップル)
3位 LAVIE T8 T0875/CAS(NEC)
4位 Lenovo Tab M10 HD(2nd Gen) ZA6W0003JP(レノボ・ジャパン
5位 10.9インチiPad Air Wi-Fi 64GB スペースグレイ MM9C3J/A(アップル)
6位 Pad Air(OPPO)
7位 10.9インチiPad Air Wi-Fi 256GB ブルー MM9N3J/A(アップル)
8位 iPad mini Wi-Fi 64GB スペースグレイ MK7M3J/A(アップル)
9位 LAVIE Tab E TE510/KAS(NEC)
10位 10.9インチiPad Air Wi-Fi 256GB スペースグレイ MM9L3J/A(アップル)

 

出だし好調のOPPO Pad Air このまま売れ続けれるか

OPPO Pad Airは発売早々売れ筋ランキング6位にランクインし、その出だしは好調であることが伺えます。

一方で次週以降は販売台数TOP 10に残り続けることができるかが課題となりそうです。

すでにAndroidタブレットとしてはNECとレノボ・ジャパンが一定の地位を確立していて、タブレット全体で見れば米アップルの「iPad」一強の状況にあります。

オッポはタブレット市場では新参入であり、今後OPPO Pad Airで既存メーカーの中に入り込むことができるかが注目されます。

関連記事 : オッポのタブレット『OPPO Pad Air』レビュー

情報元(Source) : 今売れてるタブレット端末TOP10、OPPOが日本参入、「iPad Air」が6位に初登場 2022/10/8 - BCN+R