OPPOラボ

OPPOの使い方から最新ニュースまで発信中!

OPPOのスマホはおサイフケータイは使える?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20190919173414j:plain

スマートフォンをかざすだけで買い物ができたり交通機関を利用できる「おサイフケータイ」。

本記事ではOPPOのスマートフォンでお財布ケータイの利用可否等について解説します。

 

 

 

OPPOで使える?

f:id:Azusa_Hirano:20190629184950j:plain

OPPOのスマートフォンでおサイフケータイ(FeliCa)を搭載している機種は販売されており、利用が可能です。

ただ全てのOPPOスマホでおサイフケータイ利用できるわけではなく、機種は限定されます。

 

利用可能なモデル

筆記時点でOPPOスマホの中でおサイフケータイに対応しているモデルは2機種存在します。

OPPO R15 Pro

f:id:Azusa_Hirano:20190919173543p:plain

「R15 Pro」は2018年9月に発売されたモデルで、FeliCa(おサイフケータイ)に加え、防水防塵性能を備える他にもDSDVに対応するなど人気モデルです。

f:id:Azusa_Hirano:20190919174616p:plain

「あらゆる支払いを、スマホで快適に。」

oppojapan.com

 

OPPO Reno A 128GB

f:id:Azusa_Hirano:20190919174059p:plain

2019年9月に発表されたモデルで「R15 Pro」と同様に FeliCa(おサイフケータイ)に加え、防水防塵性能を備えるモデルです。

また「Reno A 128GB」は日本限定モデルとなっており、OPPOの日本市場への本気度が伝わってくる仕様となっています。

f:id:Azusa_Hirano:20190919174401p:plain

「もう重いお財布を持ち歩く必要はありません」

www.oppo-lab.xyz

 

他のモデルでの代替案

f:id:Azusa_Hirano:20190629195433j:plain

OPPO端末は安価な物であれば2万円台から購入できますが、「R15 Pro」などはOPPOのスマホの中では高価な部類に入ります。

また他社の製品となりますが「AQUOS sense 2」などがおサイフケータイ対応機が2万円台で販売されています。

 

しかしすでにお財布ケータイ非対応のOPPOを購入されている人やOPPOが気になる方も多いのではないでしょうか?

そこでここではおサイフケータイに頼らない代替案をいくつかご紹介させていて頂きます。

 

QR / バーコード決済

まずは今急速に導入が進んでいるバーコード決済ですね。

残念ながらSuicaのように公共交通機関で乗り降りできるサービスは今の所日本国内では提供されていませんが、コンビニなど店頭での買い物に利用が可能です。 

 

例えばソフトバンクの「PayPay」やLINEの「LINE Pay」など多くの会社が決済サービスを提供しています。

まら楽天は「楽天Pay」などこれまで「楽天Edy」等タッチ型の決済サービスを提供してきた会社もバーコード決済サービスの提供を始めています。

paypay.ne.jp

line.me

pay.rakuten.co.jp

 またバーコード決済でお馴染みの「LINE Pay」や「PayPay」などの決済サービスは時々20%還元など、これまでの電子マネーではあまり見られなかったオトクなキャンペーンを実施していますので、コレを機にバーコード決済に乗り換えてもいいかもしれませんね。

f:id:Azusa_Hirano:20190629202956j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20190629203230p:plain



カード型に切り替える

f:id:Azusa_Hirano:20190629203712j:plain

おサイフケータイで提供されている「Suica」や「waon」などのサービスの多くは、カードタイプも提供しています。

多くのサービスひとつに纏めることでき、手軽に残高確認などが行えるメリットであるおサイフケータイからは退化してしまいますが選択肢の一つにいかがでしょうか?

 

おサイフケータイ用のスマホを利用

f:id:Azusa_Hirano:20190629204418j:plain

こちらは少しマイナーな方法ですがおサイフケータイ用のスマホを持つ方法もあります。

過去に使っていたスマホでもFeliCa搭載でAndroidバージョンが5.0以上、iPhoneならiPhone 7以降であればおサイフスマホとして有効活用が可能です。

実際iPhoneユーザーの方もiPhone 7で対応するまではおサイフケータイ用に別途スマホを持たれていた方も多いと聞きます。

 

f:id:Azusa_Hirano:20190629205036p:plain

例えば2015年発売のドコモ「AQUOS EVER SH-04G」(SHARP製)。コチラはおサイフケータイ対応スマホで中古品であれば4,100円で販売されています。コンディションは良くないとしても用途限定であれば破格と言えるのでは無いでしょうか?

 Amazon.co.jp: こちらもどうぞ: SH-04G ホワイト WHITE 白色 AQUOS EVER 白ロム アクオスフォン 【docomo】

 

また決済利用時にインターネット環境は不要なので携帯電話会社のとの契約なども不要です。

なのでこの場合はLINEやゲームなどのOPPO(メインスマホ)、支払い時のみおサイフスマホ...といったイメージですね。

 この選択肢はやや知識が要される方法なので全員にオススメはできませんが、おサイフケータイをそのまま引き続き利用でき、OPPOスマホは安価な物が使用できる方法の1つとして挙げてみました。

 

 

以上参考になりましたら幸いです。

当「OPPOラボ」ではOPPOを中心に基本的な使い方からニュースまでお届け中です。

またOPPOスマートフォンの事でお困りになりましたらココ『OPPOラボ』に訪れてみてくださいね。