OPPOラボ

OPPO関連の最新情報をお届け

OPPOの専務、3年前のスマホ「OPPO A5 2020」を使用

スマートフォンメーカーでCEOなどの役職に就かれている人物は、多くの場合は自社製品の最新機種を利用しています。

それはオッポも同じで、OPPO Japanで専務取締役を務める河野氏は最新モデル「OPPO Reno7 A」を使用されていますが、先日より3年前に発売されたOPPO A5 2020を利用開始されたことが分かりました。

 

OPPO河野専務 OPPO A5 2020からSNS更新

OPPO日本法人で専務取締役を4年以上努めている河野謙三氏は、自身のTwitterでOPPO製品に関するツイートなどを投稿しています。

ことし6月からはOPPO Reno7 Aを使用されており、Reno7 Aで撮影した写真などをシェアしておられました。

しかし10月22日に投稿されたのはReno7 Aからではなく、2019年モデルの「OPPO A5 2020」からツイートされています。

河野氏は投稿する写真に機種名を表示させており、そこからOPPO A5 2020であると判別することができます。

 

OPPO A5 2020は3年前の旧モデル

河野専務が使用されているOPPO A5 2020は、2019年11月1日に発売された低価格スマートフォンです。

OPPO Reno Aと1ヶ月違いで発売されたモデルで、当時Reno Aより安価な選択肢でした。

この機種と同じシリーズとしては2020年以降はOPPO A73、OPPO A54 5G、OPPO A55s 5G、OPPO A77が発売されているのですが、河野氏は3年前のA5 2020を選ばれたという形です。

一方で最新モデルOPPO Reno7 Aの使用をやめたわけではなく、何らかの事情でOPPO A5 2020を使われている可能性があると見られます。

関連記事 : オッポ専務、発売前のOPPO Reno7 A(開発機)で撮影した写真を公開

情報元(Source) 1 : Kenzo KONO, 河野謙三 on Twitter: "コンビニに寄ったらアーモンドチョコとスパイファミリーがコラボしてた。 https://t.co/zMgVUFrVuE" / Twitter

情報元(Source) 2 : Kenzo KONO, 河野謙三 on Twitter: "今日まで開発機を使ってきましたが、ようやく製品端末へモデルチェンジ。世に出ることは無いですが、実は端末固有の細かなUIというか、メニュー表記だったりが製品版は変わっています。発売直前までチューニングしているからです。#Reno7a https://t.co/LshPfrxx3G" / Twitter