OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

過去性能下げたのはこの為?Reno A利用者は「カメラ」重視の傾向にある事が明らかに

f:id:Azusa_Hirano:20210805175450j:plain

2019年に発売された「OPPO Reno A」から日本オリジナルモデルのReno Aシリーズの展開が始まって、2021年には「Reno5 A」が発売されました。

ただ年々ところどころ性能が向上したり、逆にダウンさせられたりすることがあったReno Aシリーズですが、これにはReno Aシリーズの利用者が「カメラ」を重視する傾向にあることが大きく関係しているようです。

 

Reno3 AでCPU性能が下がりReno5 Aでは性能が良くなった分削減があった

f:id:Azusa_Hirano:20210731233602j:plain

OPPO Reno3 A

まず2021年までにReno Aシリーズの変化ですが、2020年モデルOPPO Reno3 Aでは前モデルの弱点とされたカメラ機能に赴きを置いた仕上がりとなりました。

対してCPU性能がSnapdragon 710(初代Reno A)からSnapdragon 665にダウングレードされたのは印象深い出来事でしょう。これによりサクサク感が失われ「もっさり」とした動作と評されるようになりました。

www.oppo-lab.xyz

この反省を踏まえたのか1年後の「OPPO Reno5 A」では4,000円の価格の値上げと引き換えに、CPU性能は5G対応のSnapdragon 765Gに大幅アップデート、Reno3 Aの問題点であったもっさり感を解消し、総合的に完成度の高いモデルになりました。

一方で画面内にあった指紋認証センサーが背面に移動し、ディスプレイも有機ELから液晶になるなど、前作からの弱体化も以前見られている状況です。

f:id:Azusa_Hirano:20210716033005j:plain

左がReno5 Aで右がReno3 A 有機ELと液晶では表示から相違がある

 

カメラは弱体化無く進化続ける 理由は「調査結果」によるもの

このように評価の高いReno Aシリーズではありますが、初代OPPO Reno Aから足して引いてと試行錯誤が見られるのは、歴代機種の変化を見ても一目瞭然

ただ一貫してグレードアップを続けているのはカメラ性能で、年々画質や仕上げなどが着実に向上しているのです。

f:id:Azusa_Hirano:20210716034342j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210716034354j:plain
Reno5 AとReno3 Aの写真の違い 1年で見て分かるレベルで進化

CPUなどは下がって上がってとなる中で、カメラ性能には注力しつづけているOPPO Reno Aシリーズですが、その訳についてOPPO Japan(オウガ・ジャパン)の代表取締役河野謙三氏に向けて行われた取材で事情が明らかにされています。

日本市場でRenoシリーズを買っていただいている消費者の方には、チップセットの性能よりもカメラ性能を重視されているという調査結果がありましたので、今回のReno5 Aでは1ランク上のイメージセンサーを採用しています。

引用元 : [過去の大失敗から学んだ「OPPO」の製品開発方針、オウガ・ジャパン河野専務に聞いた] - ケータイ Watch

「ケータイWatch」に掲載された河野氏によれば、カメラに注力しているのは「調査結果」に基づいたものであるといいます。

抜粋した記事中の箇所はReno5 Aの話ですが、性能がダウンした反面4眼カメラ搭載で写真性能をアピールしていたReno3 Aにも「チップセットの性能よりもカメラ性能を重視されているという調査結果」が反映されていたものだと推測できます。

f:id:Azusa_Hirano:20210730223437j:plain

 

Reno5 Aはカメラだけでなく性能も向上して安定したバランスの取れた仕上がりに

f:id:Azusa_Hirano:20210520120757j:plain

「カメラで選ばれたい5Gスマホ」がキャッチコピー

去年のOPPO Reno3 Aから写真性能に注力していて、Reno5 Aでは大幅にカメラのレベルが上っていましたが、やはりOPPOがReno Aシリーズで特に注力されているポイントの1つであった事が示されました。

「夜景モード」「ウルトラナイトモード」「ネオンポートレート」などといった豊富な撮影機能も備わっている等、改めて他社の同価格帯の製品と比較しても、かなり力の入った作りであることが感じさせられます。

f:id:Azusa_Hirano:20210805174001j:plain

豊富な撮影機能搭載 これらを使わずともオート撮影で綺麗に撮影できるのもポイント

またReno5 Aでは一部でコストダウンは見られたものの、CPU性能はしっかりアップグレードなされたのは嬉しいところでしょう。

OPPO側としてはあくまでカメラ性能を重視している姿勢が伺えるものの、Reno5 Aは最低限以上のCPUスペックを求めているユーザーの受け皿にも十分なりえます。

 

カメラだけでなくサクサクと、ユーザーはカメラに比べ重視していないとは言えミドルハイスペックレベルの性能まで有しているOPPO Reno5 Aは、バランス製の高い安定性が見いだせる1台ですね。

一方で同じ値段の「Xiaomi Mi 11 Lite 5G」など手強い競合も出てきていて、写真性能以外の進化などオッポの次の手も気になるところです。

 

関連記事 : Redmi Note 10 JE『OPPO Reno A』と同じ「日本限定モデル」であることが判明

Source : [過去の大失敗から学んだ「OPPO」の製品開発方針、オウガ・ジャパン河野専務に聞いた] - ケータイ Watch