OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

OPPO「Reno5 A」へライバル機種増える『Pixel 5a(5G)』が今月発売へ

f:id:Azusa_Hirano:20210818231837j:plain

Googleは同社が展開するピクセルシリーズの最新モデル「Pixel 5a(5G)」を発表しました。

既に発売中の「Pixel 5」の廉価モデルとして位置づけられる製品で、SIMフリーでの販売が行われるほか、OPPO Reno5 Aが強みとしているおサイフケータイ・防水防塵に対応するなど、Xiaomiに続いてオッポの今期ライバルモデルが増える格好です。

 

5万円でFeliCa・防水対応「Pixel 5a(5G)」の詳細

f:id:Azusa_Hirano:20210818215932j:plain

まず今回発表されたのはピクセルシリーズとしては安価な価格帯で展開される「aシリーズ」の最新機種『Pixel 5a(5G)』となります。

CPUには「Snapodragon 765G」を備え、FeliCaと防水防塵機能を有するなど日本仕様にしっかり対応。183gと重量化が進むスマホの中では重くはないサイズ感を有します。

  • OS:Android 11(3年間のアップデート保証)
  • CPU:Snapdragon 765G
  • ストレージ容量 : 128GB
  • 実行メモリ : 6GB
  • ディスプレイ:6.34インチ有機EL
  • 外カメラ : 1220+1600(広角レンズ)万画素
  • 内カメラ : 800万画素
  • 生体認証 : 背面指紋認証 / 顔認証
  • 重さ:183g
  • バッテリー:4680mAh 18W急速充電対応
  • FeliCa・NFC : 対応(Google Pay対応)
  • 防水防塵 : IP67等級
  • SIMカード : シングル / eSIM対応
  • その他 : 5G / イヤホンジャック
  • カラー : Mostly Black(1色)

f:id:Azusa_Hirano:20210818221421j:plain

カラーバリエーションは先代機種「4a」(SIMフリー版)と同じく1色


OPPO Reno5 Aと同等スペックで1万円高価 ただOS更新保証が心強い

f:id:Azusa_Hirano:20210520120757j:plain

OPPO Reno5 A

おサイフケータイ搭載・防水防塵対応・SIMフリーと来ると、それらを兼ね備えることで人気を博している「OPPO Reno5 A」とはライバル関係になるでしょう。

機能以外でもCPUなどスペック面から両機種においてはかなり共通点が多い仕様となっている一方で、次のようにPixel 5a(5G)・OPPO Reno5 Aの間には違いも存在しています

□ Pixel 5a(5G)の優位点
  • OS : アップデート保証なし(Reno5 A)3年保証(Pixel 5a(5G))
  • 画面 : 液晶ディスプレイ(Reno5 A)有機EL(Pixel 5a(5G))
  • 電池 : 4000mAh(Reno5 A)4680mAh(Pixel 5a(5G))
OPPO Reno5 Aの優位点
  • 外カメラ : 1220+1600万画素(Pixel 5a(5G))6400+800+200+200万画素(Reno5 A)
  • 内カメラ : 800万画素(Pixel 5a(5G))1600万画素(Reno5 A)
  • 防水防塵 : IP67(Pixel 5a(5G))IP68(Reno5 A)
  • 重さ : 183g(Pixel 5a(5G))182g(Reno5 A)
  • SIMカード : シングル+eSIM(Pixel 5a(5G))eSIM対応+デュアル(Reno5 A)
  • 価格 : 51.700円(Pixel 5a(5G))43,800円(Reno5 A)

 まず「OPPO Reno5 A」がPixel 5a(5G)に優位に大きく立てるのは防水性能と価格でしょうか。Pixelの「IP67」は耐水レベルの性能ですが、対するオッポの「IP68」は一定時間水中にあっても浸水しない事を意味します。

またカメラは画素数やレンズの数=高画質・綺麗とは限りませんが、マクロレンズなども備えられていて、Reno5 Aより多くのシーンに対応できる他価格も7,900円の差があります。

f:id:Azusa_Hirano:20210716053946j:plain

価格・防水性能などで上回るOPPO カメラもPixel次第だが数字では勝る

一方でPixel 5a(5G)にも利点はあって、OPPO Reno5 Aではコストカットのためか液晶ディスプレイが採用されていますが、ピクセルは有機ELディスプレイを搭載。

またバッテリー容量もReno5 Aより680mAh多く、電池持ちでは勝る可能性があります。

そして大きな相違点でありPixelの優位な点は「OSアップデートの3年保証」が確約されていることでしょう。

f:id:Azusa_Hirano:20210818225236j:plain

「最低 3 年間の OS アップデートとセキュリティ アップデート」

これは少なくとも「Android 14」(仮称)まで最新のAndroid  OSとセキュリティアップデートが提供されることが、メーカーにより約束されているのです。

OPPOも定期的なソフトウェア更新に加え、OSアップデートを実施することもありますが、筆記時点では「約束」はされておらず、確実に長期的な仕様が見込めるのは『Pixel 5a(5G)』と言えます。

ここで1万円近い差額を埋めることができるかの1つの分岐点になるでしょう。

 

「Mi 11 Lite 5G」続くFeliCa対応SIMフリーでOPPO競合スマホに

f:id:Azusa_Hirano:20210716053938j:plain

このようにしてOPPO Reno5 Aのライバル的立ち位置の機種が新たに誕生したわけですが、既にReno5 A対向モデルとしてはXiaomiの「Mi 11 Lite 5G」が発売されています。

価格はReno5 Aと同じ43,800円ながらスペックでは上であり、Pixel 5a 5Gはオッポに加えてシャオミまでもがライバルになりそうです。

f:id:Azusa_Hirano:20210718043301j:plain

Xiaomi Mi 11 Lite 5G ピクセルやオッポと同じくFeliCa対応機種

OPPOとしては、価格が近い上に得意としていたおサイフケータイ・防水防塵を備える機種がまた1つ増えることになりました。

「Pixel 5a(5G)」は米国と日本で発売され、国内ではSIMロックフリーとソフトバンクから2021年8月26日より販売される予定です。

 

関連記事 : 「Reno5 A」に次ぐSIMフリー&おサイフ対応機種発売か『Zenfone 8』がFeliCa備える事が判明