OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

写真ツイートでOPPO製品が当たる『OPPOカメラ部』スタート

f:id:Azusa_Hirano:20220115065617j:plain

OPPO Japanは、OPPOスマートフォン利用者が撮影した風景写真を募る『OPPOカメラ部』を開始しました。

Twitterを通じてオッポユーザーらが撮った写真の中からグランプリ賞などが選定されることとなっていて、入賞者にはOPPOの製品などが計3名に贈られることになります。

 

OPPOカメラ部、スマートウォッチやDIJ製品が入賞でプレゼント

f:id:Azusa_Hirano:20220115062832j:plain

OPPO Japanが主催します「OPPOカメラ部」の写真の応募は、SNS「Twitter」を通じて募られます。

また、OPPOは企画告知ツイートで「あなたの暮らすまちの魅力をOPPOのスマホで撮影してください」としており、第一弾となる今回は撮影者が過ごす街の風景などの写真がテーマとされています。

応募条件は下記のとおりに示されていて、OPPO製スマートフォンで撮影された写真であること。そしてOPPO Japan公式アカウントをフォローしていることと、公式TwitterやWebサイト上において投稿した写真の掲載に了承することとしています。

また景品は4つ用意されています。まずグランプリ賞受賞者へはスマートフォン用ジンバル「DIJ OM 5」が(17.930円)1名に。

そして入賞者へはスマートウォッチOPPO Watch Free(9,980円)ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco Free2」(13,980円)「OPPO Enco Buds」(4,480円)が、それぞれ1名に贈られます。

 

OPPOユーザーからは続々と投稿集まる

f:id:Azusa_Hirano:20211113102044j:plain

スマートフォンメーカーとしては珍しい写真を募っているこの企画。この「OPPOカメラ部」キャンペーンの開始を知ったOPPOスマートフォンの利用者らからは、続々と利用者自身の端末で撮影されたテーマに沿った写真がTwitterに投稿されています。

またOPPOカメラ部に参加したいものの、投稿する写真を一考されている場合には、一定の参考になるかもしれません。

今回のテーマである住まれている「街」の写真であれば、OPPOスマートフォンの写真フォルダに入っている方もそう少なくはないはず。

一度アルバムを見返してみて、入賞を目指して自信のある1枚を投稿されてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事 : ColorOS 7.1でカメラの仕様が変更に!広角撮影ができなくなった?

情報元 : Twitter