Web
Analytics

OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

購入前に注意!『OPPO A73』の背面素材はレザーではない?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20201116073528j:plain

OPPO社が今月20日に日本での発売を控えている新型スマホ「OPPO A73」

この新機種においては特徴として、端末背面のレザーな質感がアピールポイントとの1つなっています。

しかし実際のOPPO A73の背面はレザーとは異なる素材が採用されています。

 

 

「レザーの質感」

まず先述の通りレザーな質感が魅力の1つとされているのですが、勿論OPPO A73は商品ページにおいても、全面に押し出されています。

またそれに加えて本機種を取り扱う一部の販売店・通信事業者においても同様に、端末の特徴として挙げられているところもあります。

f:id:Azusa_Hirano:20201116065900p:plain

OPPO自身が強く推している

 

OPPO公式「レザーを目指した質感」

このようにかなりのレザー推しとなっているOPPO A73。

同じオッポからは実際にウィーガンレザーを採用する機種(Find X2 Pro)も出されている為、本機種もそういった素材が採用されていると思わそうですがそれは誤った認識です。

実際の素材は他機種とは異なる、レザー調に加工され仕上げられた樹脂(プラスチック)となっている他、公式Webページではあくまでレザーを目指した質感であるとしています。

f:id:Azusa_Hirano:20201116071735p:plain

『レザーの質感を目指した背面デザイン』

 

購入前には一応注意を

f:id:Azusa_Hirano:20201106040906j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201106040913j:plain

今回取り上げたように「OPPO A73」の背面は、あくまで樹脂素材でいわゆるフェイクレザーに当たるものになります。

このA73は発売前ですがその外観を高く評価する声もあり、繰り返しになりますがなレザー調に仕上げられており、3万円台の機種としてはある程度の高級感も期待できそう。

 

しかし本当に質感を重視される場合には一度店頭などに設置されているデモ機などで実際の質感を確認することをおすすめしたいところです。

 

関連記事 : 【誤訳】OPPOが天気アプリで「間違った日本語」を表示 これで2度目。