Web
Analytics

OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

OPPO A73の「eSIMと物理SIM」対応 Apple・Google以外では初の事例に?【SIMフリー】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20201110200339j:plain

OPPO Japanは今月20日より、SIMフリースマートフォン『OPPO A73』の発売を予定しています。

本機種は日本向けOPPO製品としては初のeSIM対応製品ですが、一方でアップルとグーグルの2社以外から発売されるSIMフリースマホとしては初めてeSIMと物理SIMの両方に対応するモデルともなっています。

 

 

「eSIM」を採用したOPPO A73

まず新機種OPPO A73は、冒頭にも記述している通りeSIMを採用しています。

日本で販売されているOPPO製品としては初の試みで、国内では楽天モバイルやIIJmioなどといった通信事業者でeSIMを利用できます。

そしてeSIMに加えて、通常の物理型SIMカードも合わせて2枚を利用することが可能な点も特徴です。

f:id:Azusa_Hirano:20201110200111p:plain

eSIMだけでなく従来型のSIMカードも使用可能

 

これまで対応するSIMフリー端末はAppleとGoogleのみ

一方でOPPO A73が登場するまで、日本で正規に販売されているSIMロックフリースマホにおいてeSIMと物理SIMカードの双方を採用している機種は非常に限られていました。

まず1つがGoogleのピクセルシリーズで「Pixel 4a」等が対応、もう1つがAppleで第2世代のiPhone SEらが対応する程度。

f:id:Azusa_Hirano:20201013103028p:plain

eSIMと物理SIMがつかえるiPhone SE2

その為eSIMと物理SIMを正規にSIMフリースマホで利用するに当たっては基本的にこの2社から選ぶ以外に選択肢はありませんでした。

このようにAppleとGoogleの事実上2択しか選ぶ余地がなかった状況ですが、今回のオッポの『OPPO A73』の登場により、その希少な選択肢が3社に増加することになりました。

f:id:Azusa_Hirano:20201110113308j:plain

eSIM利用者にとっても新たな選択候補となるOPPO A73

 

eSIM対応ながら価格も2社より若干抑えめ

また物理SIMとeSIMに対応するSIMフリースマホとしては、OPPO A73はAppleとGoogleの両者の製品より低価格を実現した1台でもあります。

まず2社の最も安価な最新機種としてはiPhone SE2が49,280円Pixel 4aが42,900円とされており、いずれも税込4万円を超える値段設定

f:id:Azusa_Hirano:20201001053831p:plain

Pixel 4aは4万円代前半で抑えていた

一方のOPPO A73は30,800円(税込)と3万円台で抑えこめる事に成功しており、筆記時点でeSIM+物理SIMを採用する機種としては非常にリーズナブルとなっている事が分かります。

このようにA73によってOPPOは2社に続く新たな1社になった上で、価格を抑えた選択肢としての立ち位置も確保しました。

f:id:Azusa_Hirano:20201110115235j:plain

2社のeSIM+物理SIM対応機種と比べると安く仕上がっている

 

OPPOはSIMフリースマートフォンでは希少価値の高いおサイフケータイ対応の機種に注力しているのは記憶に新しいところでしたが、今度は更に選択肢に限られていたeSIMと物理SIM対応なSIMフリーの新製品を投入する形ともなりました。

この従来のSIMカードの加えてeSIMも採用した日本版「OPPO A73」は、2020年11月20日に発売予定です。

 

関連記事 : 3万円で11月20日発売!日本版「OPPO A73」の詳細情報が正式発