OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

とにかく安い?1万円台の「OPPO A73」をレビュー

f:id:Azusa_Hirano:20210705142823j:plain

現在販売されているOPPO製品としては最も安い機種となっている、1万円台で買えるオッポの格安モデルの「OPPO A73」をレビューします。

価格が抑えられた製品ではありますが、他には見られない軽量な筐体とeSIMを搭載しているのが魅力です。

 

売れ筋の格安機種「OPPO A73」の概要

f:id:Azusa_Hirano:20210705112328j:plain

今回ご紹介するのは、OPPOの低価格機種で売れ筋モデルの『OPPO A73』です。

発売時は30,800円だったものの、現在は16,500円程度で買える、現行のOPPO端末の中ではかなり安価なモデルです。

また売れ筋モデルであり「今売れてるSIMフリースマホTOP 10」などでも高順位を保っていて、OPPO A73のスペックは下記のとおりです。

  • OS:Android 10(ColorOS 7.2)

  • CPU:Snapdragon 662

  • ストレージ容量 : 64GB

  • RAM : 4GB

  • ディスプレイ:6.44インチ 有機EL

  • 外カメラ : 1600+800+200+200万画素

  • 内カメラ : 1600万画素

  • 生体認証 : 画面内指紋認証 / 顔認証

  • 重さ:162g

  • バッテリー:4000mAh

  • その他 : 急速充電(QuickCharge 3.0)/ イヤホンジャック / eSIM

 

OPPO A73外装 : 軽量で角張った筐体

まずは「OPPO A73」の端末本体からチェックします。今回ご覧に入れますカラーはオレンジとなります。

f:id:Azusa_Hirano:20210705111948j:plain

OPPO A73の背面

まずは背面部分。左上に4つのカメラが格納されており、その横にはフラッシュライトが位置しています。

素材はレザー調に加工された樹脂で、触っていて気持ちがいいもので、所有感を満たします。

そして右下の箇所にはゴールドの枠の中に「OPPO」のロゴが光を放っていて、レザー風の背面と合わさって高級感を演出します。

f:id:Azusa_Hirano:20210705111958j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112007j:plain
カメラとOPPOのロゴ

側面の落ち着いたゴールド色に塗装がなされている樹脂で、右側には電源スイッチに対する左の側面にボリュームスイッチが配置されています。

また側面部分の下部にはスピーカーと充電口、そして3.5mmイヤホンジャックが備えられていて、有線イヤホンが使えます。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112017j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112026j:plain
「OPPO A73」の側面部分

f:id:Azusa_Hirano:20210705112035j:plain

端末の側面下部 充電ポートなどがある

ディスプレイ(有機EL)の大きさは6.44インチの今のスマートフォンとしては標準的なサイズ。

画面の上部には水滴型の切り欠き、画面の下部にはディスプレイ内に指紋認証に用いいるセンサーが組み込まれています。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112044j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20210705112052j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112101j:plain
ノッチと指紋センサー

そしてOPPO A73の筐体における最大のポイントは、やはり軽量であることでしょうか。

重さは164g(実測)で、今年に発売された機種では200gを超えるものもある中で、サイズに対してかなり軽い方のモデルになります。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112111j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112121j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112130j:plain
OPPO A73(左)大型の端末としては軽い類に入る

また側面は角張った仕上がりになっていて、かなり持ちやすく感じます。それでいて薄型・軽量なのは、OPPO A73を選ぶ理由になるでしょう。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112156j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112147j:plain
角張った側面はしっかり掴める 4.7インチのスマホに迫る薄さ

f:id:Azusa_Hirano:20210705112206j:plain

4.7インチのスマホとクレジットカードとのサイズ比較

 

付属品にはケースが同梱

f:id:Azusa_Hirano:20210705112216j:plain

セットのケースをつけたOPPO A73

同梱品には、充電器一式とクイックスタートガイド。そして専用のクリアカバーがついてきます。

くわえて画面保護フィルムはデフォルトで貼り付けられているので、カバーを装着すれば十分な防御力を発揮します。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112225j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112234j:plain
ケースの四辺は盛り上がった作りで画面が触れない設計

f:id:Azusa_Hirano:20210705112242j:plain

OPPOでは「当たり前」のフィルム貼付け済み

 

Android 10ベースの「ColorOS 7.2」搭載

f:id:Azusa_Hirano:20210705112337j:plain

次はソフトウェア面ですが、OSにはAndroid 10(ColorOS 11)を搭載しています。

なお残念ながらAndroid 11へのOSアップデート対応の予定があるのかは公にされていません。

ストレージ容量は64GBで、初期状態では18.9GBを除く、約46GBの領域を使用することができます。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112534j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112539j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112545j:plain

プリインストールアプリに3.78GBが使用されていて、OPPO A73のプリインストールアプリはSIMフリーモデルのOPPO端末としては多い方になります。

FacebookやWPS Officeなどはアンインストールできるものの、有料サービスの「Netflix」がアンインストールできない仕様なのは残念ですね。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112550j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112554j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112559j:plain
OPPO A73の内蔵アプリと「Netflix」

また「OPPO A73」ではバックキーが右側だったり、ホーム画面はインストールしたアプリが全て表示される形式を採用していますが、これらは全て設定より変更が可能です。

操作形態は3つから選べる他、ホーム画面の種類も3種類が用意されています。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112609j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112605j:plain
ColorOSだが、ある程度Androidの標準仕様に近づける事も可能だ

 

物理SIMは1枚に限られるも「eSIM」が利用可能!

OPPO A73の売りの機能ですが、この端末はデジタル型のSIMカードである『eSIM』に対応しているSIMフリースマートフォンです。2万以下で買えるSIMフリー端末としては貴重な選択肢となるでしょう。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112614j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112619j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112624j:plain
eSIMの設定画面 ここからSIMのデータをダウンロードできる

IIJmioや楽天モバイルが提供しているeSIMサービスが利用できるため、活路を見い出せば、OPPO A73の価値もまた変わってきそうです。

ただしその代わりに物理SIMは1枚のみに限られます。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112139j:plain

本来はデュアルSIMだが、日本版はeSIMの関係で削除された

 

生体認証は顔と指紋の2択が用意「顔認証は早いが指紋認証は少し遅い」

f:id:Azusa_Hirano:20210705112252j:plain

「OPPO A73」には顔認証と画面内指紋認証の2つの生体認証によるロックの解除方法が提供されています。

うち「顔認証」は画面を点灯したら解除されていて快適、ただしマスクを付けていると反応しません。

一方の画面内指紋認証は普通に使えますが、顔認証と比べると少し遅れる印象。個人的には解除できれば問題ないのですが、遅さにストレスを覚えるかもしれません。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112301j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112310j:plain

 

性能は抑えめ ゲームには不向き

f:id:Azusa_Hirano:20210705112403j:plain

1万円台で購入できる「OPPO A73」ですが、端末筐体が薄型で軽量・eSIMが使えるなど、安さだけでなく「機能性」と「本体」に注力しています。

その反面でパフォーマンスはそこまで注力はされておらず、重い作業には全く向いていません。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112639j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112643j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112648j:plain

まずベンチマークスコア(Antutu benchmark : V9.0.12-OB)はでは、162641点(通常時)パフォーマンスモードが有効な状態で156300点といった結果になりました。

また筆者の環境では3Dの計測が行われず、GPUの値が0となっています。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112653j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112709j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112720j:plain

またゲームアプリ「ウマ娘」では、チュートリアルの段階からカクつきが見られました。

またアニメーション再生時には少しキャラクターがギザギザとした模写で、高いスペックを求めるゲームには明らかに不向きでした。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112726j:plain

最終的にはこの画面でアプリがフリーズしてしまった

 

OPPO A73での写真の作例

続いてクアッドカメラを供える「OPPO A73」で撮影した写真の作例をご覧に入れます。

まずOPPO A73には「AIダズルカラー」機能が搭載されており、自動でシーンを識別し、AIがシーンに適合するように仕上げてくれます。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112847j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112859j:plain
左 : AIオフ 右 : AIオン

また見比べると分かるのですが、右の写真の彩度(色合いの濃さ)が上がっていることがお分かりいただけると思います。
筆者は彩度高めの写真が好みなので気に入っているのですが、場合によっては行き過ぎた色合いになることもあるので、ある程度見極めて使う必要があると言えます。

f:id:Azusa_Hirano:20210705113003j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705113016j:plain
左 : Aiオフ 右 : AIオン
f:id:Azusa_Hirano:20210705112950j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112939j:plain

またOPPO A73(ColorOS)「夜景モード」を搭載しています。

これは明かりが不足している環境下で撮影を補助する機能で、これを使うと少し明るめに仕上げてくれます。一方で撮影が完了するまで数秒待たされます。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112747j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112759j:plain
左 : 夜景モード無効時 右 : 夜景モード有効時
f:id:Azusa_Hirano:20210705112823j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705112834j:plain
ある程度の明かりが無いとかなり仕上がりは厳しい
f:id:Azusa_Hirano:20210705113029j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210705113044j:plain
広角カメラも搭載 細かい調整はできないものの、広い範囲をカバーできる

 

OPPO A73感想「性能は求めない 機能と筐体で選ぶ機種」

今回はオッポの低価格スマートフォン『OPPO A73』を紹介しました。

やはりレザー風に加工された独創的な外装に加え、薄型で軽いのは、同価格帯の他社製品には意外と無いOPPO A73独自の点です。

f:id:Azusa_Hirano:20210705112319j:plain

1万円台で買えるSIMフリースマホではあまり見ない軽い本体

また格安端末にも関わらずeSIMを搭載しているのも嬉しいところでしょうか。

このようにスマートフォンの外装とeSIM機能が魅力なOPPO A73ですが、一方のスペックは先述した様に抑えめで、普通に使っていても「もっさり」感は拭えない所です。

3Dゲームなどには向いておらず、中価格帯〜高価格帯の機種からの移行先には選ばないほうが良いかもしれません。

 

「軽くて薄いSIMフリースマホを探している」「1万円台の新しめのSIMロックがない端末でeSIMを利用したい」といった要望には答えられそうです。

またサブのスマートフォン等として割り切って使えるなら、安価に購入ができるので、『Redmi 9T』などの競合機種もありますが、選び方次第では悪い選択肢ではないでしょう。

 

関連記事 : 「OPPO A54 5G」値崩れ?au版が発売直後にも関わらず相場価格が『1万円台』に