OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

オッポ「OPPO A54 5G」をAndroid 12に。SIMフリー・キャリア版 同時アップデート

2021年6月に発売されたオッポの人気Androidスマートフォン『OPPO A54 5G』に、メーカーのOPPO JapanはAndroid 12が利用可能となるバージョンアップを開始しました。

OPPO A54 5GにはSIMフリー版に加え、auとUQモバイルで販売されているキャリアモデルも販売されていますが、その両方を対象として27日から同時にOSアップデートが始まっています。

 

au OPPO A54 5GにOSアップデート情報をアナウンス

携帯電話大手のauと、そのサブブランドのUQモバイルは、両社で取り扱われている低価格スマートフォン「OPPO A54 5G OPG02」に対して、Android 12に対応させるソフトウェア更新を実施することをアナウンスしました。

アップデートファイルのサイズは約4.7GBであるとしていて、KDDIは「OSアップデートの準備が整いましたのでご案内致します。」としており、利用者らにアップデートを行うよう呼びかけています。

またOSバージョンアップに伴うOPPOの変更内容について、auによりますと、新機能「パーソルカスタマイズ」の追加や、以下のこれまであった一部機能は削除されると案内しています。

アップデート後のビルド番号は「C.25」となります。(au・UQモバイル版)

追加される機能や変更点 - auホームページより

Android 12(ColorOS 12)にバージョンアップにあたって削除される機能

 

SIMフリー版OPPO A54 5G 同時にソフトウェア更新

上述の案内はauとUQモバイルから発表されているもので、それぞれau版とUQ mobile版で利用できるものとなります。

一方でOPPO A54 5GにはSIMフリーモデル(公開市場向け)も発売されており、同じく27日よりAndroid 12へのソフトウェア更新が始まっていることが、スマートフォンに通知された案内から確認できました。

SIMフリー版(CPH2303)アップデートファイルサイズはau版より少ない3.73GBで、Android 12更新後のソフトウェアバージョンは『CPH2303_11_C.25』となります。

 

SIMフリーとキャリア版で時差なくバージョンアップ

OPPO A54 5Gの利用者はau版・UQモバイル版、SIMフリーモデルに関わらず同時にAndroid 12へのバージョンアップが行えるようになりました。

ただこれは多くはないことで、対象的に姉妹機種のOPPO Reno5 Aでは現段階でSIMフリーモデルのみに利用可能されていて、A54 5Gとは異なり携帯電話会社から発売されているキャリアモデルのReno5 Aには現時点で未配信の状況が続いています。

今回のソフトウェア更新は、au版などのキャリアモデルに加えてSIMロックフリー版でも同日に利用が可能になったのは、購入販路による差異が生じない対応と言えます。

 

関連記事 : オッポ異例の販売終了。OPPO A54 5G 僅か7ヶ月で幕引き

情報元(Source)1 : OPPO A54 5G(オッポ エーゴーヨン ファイブジー)OPG02 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

情報元(Source)2 : OPPO A54 5G OPG02 OSアップデート情報 |