OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

OPPO A5 2020の発売から2年が経過

f:id:Azusa_Hirano:20211108042659j:plain

2019年11月1日に発売されたSIMフリースマートフォン『OPPO A5 2020』の日本登場から今月で2周年となりました。

当時OPPO Reno Aに次いで登場し、低価格機種として人気を博したOPPO A5 2020ですが、その後継機種に値する端末は現在2機種が販売しています。

 

2019年11月1日に「A5 2020」発売

f:id:Azusa_Hirano:20211108014224j:plain

「OPPO A5 2020」は2019年10月16日に当時のオッポジャパンが発表したスマートフォンで、同月にリリースされた『OPPO Reno A』発売後に新たに国内投入が明かされた機種でした。

またOPPO Japanが2019年の最後に発売したスマートフォンでもあります。

当初はUQモバイルから新機種としての取り扱いが発表されたため、UQモバイル限定での展開になるとの見方もありましたが、SIMフリー端末としても翌月1日に発売されました。

Snapdragon 665搭載で5,000mAhの大容量バッテリーを備えており、OPPO Aシリーズ機種で唯一ステレオスピーカーが付いていることも特徴。

 

後継に当たる端末は2機種発売されている

発売から2周年をむかえるOPPO A5 2020には、既に後継機種と呼べる端末が発売されています。

まず発売1年後の2020年11月には「OPPO A73」が登場、更にその7ヶ月後には「OPPO A54 5G」が発売されていて、いずれも現在販売が行われています。f:id:Azusa_Hirano:20211108015339j:plain

発売時期的にはOPPO A73が後継機種と言えますが、スペックは向上は大きくはしておらず、性能的な進化があったのは更に7ヶ月後にリリースの『OPPO A54 5G』。

こちらは基本スペックが底上げされているほか、特徴の大容量バッテリーも継承しているため、仕様的な視点での後継機はA54 5Gといえるところ。

 

このように今OPPO A5 2020からの、後継に相当する端末は2つに分岐している状況にあります。

 

関連記事 : OPPO A5 2020がAndroid 11のアップデート対象から『削除』される