Web
Analytics

OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

オッポジャパン「OPPO Watch」のバッテリーの多い消費問題について案内

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20200910061344j:plain

今月に発売された最新のスマートウォッチ「OPPO Watch」。

しかしその購入者からはバッテリー残量の減り方について苦言が相次いでいました。

そしてこのような意見が続々と浮かび上がってきた為か、先日OPPO Japanはこの電池の消費問題について公式な案内を行いました。

 

 

オッポジャパン「ご購入いただい方へ」

f:id:Azusa_Hirano:20200908033455j:plain

OPPO Japanは先日自社の公式ツイッターにおいて、OPPO Watchを購入した利用者に向けてメッセージを公開しました。

「バッテリー消費問題」と題すると共に、OPPO Watchにおける電池維持時間が短い事について見解を示しました。

 

OPPOの見解と原因・改善方法が載せられる

そしてこのオッポジャパンの見解をまとめると「改善される」としており、対処案も記載されています。

以下は上記で公開されたバッテリー消費問題に対する説明の抜粋です。

最初の数日間において、
OPPO WatchはGoogleアカウントの同期、アプリダウンロード、ソフトウェア更新などによりバッテリーの消費量が上がってしまいます。
3日間ほどシステムはバッテリーの使用を最適化させ、バッテリーの消費は通常に戻ります。


また、開封後は一度OPPO Watchをフル充電することや、
最新のソフトウェアにアップデートすることを推奨いたします。
それで、OPPO Watchのバッテリー駆動時間が徐々に改善されます。

まず使い始めてから最初の数日は、各アカウントの同期、追加アプリのダウンロード、ソフトウェアアップデートなどといった様々な要因が重なること。

そして初回起動後から3日間ほどはバッテリーの最適化作業が行われる為、バッテリーの駆動時間に影響を与えてしまうとことを明らかにしました。

勿論これは一時的な症状で時間の経過で本来のバッテリー消費量に戻ることを示しています。

f:id:Azusa_Hirano:20200907105702p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200907105723p:plain
初回起動時は行う処理も多く またそれが数日続くことも

そして具体的に利用者が実行できる対処案としては、OPPO Watchを満充電状態にしたり、現在配信されている最新のソフトウェアアップデートを適用することで、減りの早かった電池の稼働時間は改善されていくとしました。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033424j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908033434j:plain
充電を行うことでもバッテリーの消費量に変化を起こすことも

 

電池の改善を実感するユーザーも

このようにバッテリーの減り具合に不満を抱くユーザーが多い中で、異例の公式の見解を公表したOPPO Japan。

対処法に中には最適化が完了するまで数日待つ、アップデートを行うなどで改善されるとしていますが、確かに効果のある対処方法のようで、ソフト更新や数日使って駆動時間の向上を実感する利用者もいるようです。

まとめれば、OPPO Watchにおいては初回起動後はまず最新のアップデートを行い、そして最適化が終了するまで数日間様子を見ることで、実際にバッテリーの駆動時間の向上が見込めるようです。

もし現在利用されていて、持続時間に不満があるようであれば、改めてOPPO Japanが示した項目の確認を行ってみるとよさそうです。

 

関連記事 : NFCとWareOS搭載の「OPPO Watch」支払い機能は使える?【Google Pay】