OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

可も不可もない?「OPPO Watch 41mm」ファーストレビュー・感想【日本版】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20200908060026j:plain

オッポジャパンが今月より国内でも取り扱いを開始した『OPPO Watch 41mm』をレビュー・紹介します。

OPPOが日本でスマートウォッチを発売するのは初めてであるのに加えて、現在同社は国内市場で人気の高いスマホを続々発売しており、その関連製品としても注目されている1台となっています。

 

 

日本版「OPPO Watch 41mm」の基本情報

f:id:Azusa_Hirano:20200908032929j:plain

まず今回取り上げます『OPPO Watch』の基本スペックと仕様は次のとおりになります。

・メーカー : OPPO(オッポ)

・OS : Wera OS(Google)

・CPU:Snapdragon Wear 3100 / Ambiq Micro Apollo 3

・ストレージ容量 : 8GB

・ディスプレイ:1.6インチ 有機EL

 ・重さ:30.1g(バンド除く)

・カラー : シルバー / ピンク / ブラック

・その他 : Watch VOOC(急速充電)/ NFC / 防水(3ATM等級)

・価格 : 25,000円

本記事ではピンクバージョンを紹介します。

 

ウォッチとストラップの外観・デザイン

それではまず「OPPO Watch」の外装から確認してきます。

f:id:Azusa_Hirano:20200908032842j:plain

ディスプレイ

まずは画面側から。ディスプレイには1.6インチの有機ELを搭載しており、スマートウォッチとしてはやや小ぶりな大きさです。

f:id:Azusa_Hirano:20200908032852j:plain

裏側

次に裏側、メーカーである「OPPO」ロゴが刻印されている他、心拍数等の各センサーが備えられています。

また4つのマグネット式の充電端子に加え、上下にはストラップを取り外す際に使うボタンも位置しています。

f:id:Azusa_Hirano:20200908032910j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908032901j:plain
側面

続いて左側面にはスピーカー類、右側にはOPPOのイメージカラーである緑のラインが入ったマルチファンクションボタンホームボタンが備えられています。

素材はアルミでなかなかの高級感も感じられ、チープさは感じられません。
またホームボタンは文字盤やGoogleアシスタントを呼び出す際に、対するファンクションボタンは電源オン・オフや再起動など多彩な役割を持ちます

f:id:Azusa_Hirano:20200908032958j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908033008j:plain
OPPO Watch純正ストラップ

続いてストラップを見ていきます、バンドのカラーは本体の色と同じものが同梱されますが、ストラップも別途単体で販売されています。

また素材はゴム製で手触りはシリコンのようなサラサラとした印象

f:id:Azusa_Hirano:20200908032939j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908032949j:plain
ストラップを装着したOPPO Watch

ただこのストラップに関しては男性ユーザーからは「少し短い」といった意見も出ており、筆者は問題ありませんでしたが、腕のサイズ次第では装着が難しいかもしれません。

また以下はバンドを付けた状態でスマートフォンとのサイズ比較です、大きさの判別の参考にどうぞ。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033028j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908033019j:plain
左 : 4.7インチのiPhone 右 : 6.4インチのOPPO Reno A

 

腕に装着してみる

続いてOPPO Watchを実際に装着してみます。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033038j:plain

まずサイズはストラップを含まずで30gとのことでしたが、重さはそれほど感じず全く気になりません。

筆者軽量で人気のウェアラブルデバイス「Xiaomi Mi band 4」(22g)の利用経験がありますが、それと比べても体感ではそれほど大きな差は感じない所。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033049j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908033108j:plain

また1日中つけていましたが、腕が疲れると言ったことはありませんでした。

ディスプレイは細長い画面を持つMi Band 4を使っていた身としては大きくて見やすい他、デザインも気に入っているのでつけていた楽しく思います。

 

OPPO Watchの付属品

次に日本版OPPO Watchに同梱する品を見ていきます、本製品に付属するものは次のとおりです。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033414j:plain

OPPO Watchの同梱品

・専用充電器

・クイックスタートガイド

・セーフティガイド

・ゴム製バンド(交換用) 

 また充電器の利用には電源アダプターが必要ですが、同梱はされていないので別途用意する必要があります。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033424j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908033434j:plain
専用充電器と接続したOPPO Watch

 

ソフトウェア「Wear OS by Google」

次にOPPO Watchのソフトウェアなどといった、内側を見ていきます。

f:id:Azusa_Hirano:20200908041644p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908041648p:plain

まずWear OSのバージョンは2.19セキュリティパッチレベルは2020年6月5日となっています。

またシステムバージョンは「H MR1」です。

f:id:Azusa_Hirano:20200908043524j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908043530j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908043535j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908043539j:plain
容量(左)と文字盤(右3枚)

続いて初期のストレージ容量はOSやプリインストール等アプリを除いた約3GBが利用可能で、ウォットフェイスはデフォルトで結構種類豊富です。

次に内蔵されているアプリを見ていきます。

f:id:Azusa_Hirano:20200908041740p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908041633p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908041637p:plain
OPPO Watchのプリインアプリ

初期搭載されているものは画像の通りで、アプリは「電話」や「連絡帳」などといった基本アプリに、健康管理アプリなどが多数インストールされています。

f:id:Azusa_Hirano:20200908041703p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908041708p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908041712p:plain
内蔵されている各アプリの一例
f:id:Azusa_Hirano:20200908041656p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908041700p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908041731p:plain
UIやキーボード

 

Playストアにも対応

またこのOPPO Watchは、グーグルが提供する「WearOS」を搭載する製品の為、Google Playストアが利用可能となっています。

もちろんアプリを追加で導入することも可能で、任意のアプリを使用できます。

f:id:Azusa_Hirano:20200908041727p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908041719p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908041723p:plain
Waer OSのPlayストア

とりあえず入力アプリが英語だったので「Google 日本語入力」Googleマップを入れておきました。

f:id:Azusa_Hirano:20200908055500p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908055504p:plain
OPPO Watchにインストールしたアプリ

関連記事 : NFCとWareOS搭載の「OPPO Watch」支払い機能は使える?【Google Pay】

 

コントロール方法

次にこのOPPO Watch操作についてですが、他社のスマートウォッチと同様にボタンとタッチ操作が組み合わさったものとなっています。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033237j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908033248j:plain

まず文字盤が表示されている状態でホームボタンを押すと、アプリ一覧画面にアクセスすることが可能。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033259j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908033309j:plain

そして同じく文字盤がディスプレイに表示されているときに、ホームの下のファクションボタンを押せば設定した任意のアプリを起動することもでき、デフォルトでは「トレーニング」アプリが指定されています。

この他にも長押し等で別の操作を行うことも出来ます。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033319j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908033329j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908033340j:plain

次にタッチでのコントロールですが、まず前の画面に戻る場合はディスプレイを左から右にスワイプすることで「戻る」操作を行うことが出来ます。(画像左)

文字盤表示時に下から上にスライドすればスマートフォンの通知を確認でき、上から下であればクイックパネルがオープンし、各設定の切り替えなどを行えます。

 

スマホと連携する iPhoneは一部機能に制限

f:id:Azusa_Hirano:20200908033350j:plain

次にスマートフォンと連携についてですが、Wear OSを搭載するOPPO Watchでは「Wera OS」アプリがあれば使い始めることが出来ます。

これはOPPOなどAndroidデバイスは勿論、iPhoneなどiOS(アップル)端末でも利用できます。

f:id:Azusa_Hirano:20200908043505j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908043514j:plain
Wear OSアプリ

WearOSでは、OPPO Watchの設定やデータの確認、ウォッチフェイス(文字盤)の変更などが行なえます。

これだけでもスマートウォッチとしては十分実用できますが、更に実力を引き出すにはOPPO純正の「HeyTap Health」アプリが必要です。

f:id:Azusa_Hirano:20200908043509j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908043519j:plain
HeyTap Health

このアプリでは各設定に加え、より詳細なカスタマイズや、カウントされた心拍数や睡眠の記録などといった健康管理アプリとしての使用が可能になります。

ただ筆記時点ではAndroid向けにしか配信されておらず、iOS向けAppは今後配信予定としており、現時点でiPhoneではフルに活用することは出来ない状況にあります。

 

防水性能も

またOPPO Watchには3ATMレベルの防水性能も備わっています。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033404j:plain

水に濡れているOPPO Watch

この「3ATM」が耐えられるのは通常生活における汗や洗顔時の水滴、小ぶりの雨など程度で、水泳や熱いシャワーに入浴などには適さず、使い方には注意が必要でしょう。

 

まとめ・雑感「標準的なスマウォ スタミナは少ない」

f:id:Azusa_Hirano:20200908033455j:plain

今回はオッポジャパンの日本向け新製品の1つである「OPPO Watch 41mm」を紹介しました。

まず色々と触れて感じましたのは可もなく不可もそれほどない製品で、マイナスに表せば、数あるスマートウォッチの中で、あえてOPPO Watchを選ぶ理由も決め手に欠けるかもしれません。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033248j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908033340j:plain
独自の優位点が見られない

例えば「FeliCa」などといった競合他社には少ない機能が備えていれば有力候補になりますが、そうった点も目立たたず、また価格も特段安い訳でもありません。

値段と機能的を踏まえても、よくあるスマートウォッチといった印象を受けました。

f:id:Azusa_Hirano:20200908033513j:plain

ただ個人的にアルミとガラスで構成されている、所有感も満たされるこのデザインには非常に満足しています。

デザイン的には競合製品に類似している点もあり機能も標準的ですが、正直この見た目と健康管理目的で選んだ所もあって、購入したことに今の所後悔はありません。

f:id:Azusa_Hirano:20200908041700p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200908041735p:plain

 

少し触るとかなり消耗してしまう

しかしそれでも気になるのは明らかにスタミナ不足である点です。

待機時にも数時間で10%以上消費する場合もあり、またスマートウォッチ側で操作を行えばかなりハイペースで電池を使ってしまいます。

 

今の所大まかには満足していますが、個人的にはスタミナ面にのみ少し不安があるため、もう少し長く動作できるよう今後のソフトウェアアップデート等を通じての改善を期待したい所です。

 

日本版「OPPO Watch」を購入する

f:id:Azusa_Hirano:20200908033444j:plain

今回取り上げました、Wear OS搭載の「OPPO Watch」は以下の通販サイトや通信事業者から購入することが出来ます。

通信会社から購入する

IIJmio

通販サイトから購入する