Web
Analytics

OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

OPPO、シャープに訴えられる。スマホ販売差止めも【1月31日更新】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20200130172220j:plain

2020年1月30日、シャープは日本国内でOPPO製スマートフォンを展開するOPPO日本法人の「オッポジャパン」を提訴したと発表しました。

 

 

無線LANの特許を巡る

シャープのプレリリースによると提訴内容はOPPO側が無線LAN関連の特許を侵害しているとしています。

シャープは、オッポジャパン株式会社(本社:東京都品川区)が、スマートフォンの通信技術に関する当社の無線LAN関連特許1件を侵害していると判断し、本日、東京地方裁判所に特許権侵害差止請求訴訟を提起するとともに特許権侵害差止仮処分の申立てを行いました。

 当社は、国内市場において、スマートフォン等のモバイル通信端末事業やアフターサービス事業を展開しています。

 当社では、保有する知的財産権を重要な経営資源と位置付けており、当社の知的財産権が侵害されていると判断した場合は、常に厳正に対処していく所存です。

引用元 : オッポジャパンに対する特許権侵害訴訟の提起について|ニュースリリース:シャープ

 

OPPO側の反応【追記あり】

1月31日にOPPO Japanからプレスリリースを経由し、今回の訴訟の件について声明が発表されました。

【2020年1月31日、東京】 シャープ株式会社から1月30日にオッポジャパン株式会社に対する東京特許権侵害訴訟のプレスリリースがございました。 お客さま、ならびに当社に関係する全ての方々に多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 

本件につきましては、訴状を未だ受領しておりませんので、現段階では、コメントを差し控えさせて頂きます。当社としましては、お客様からの信頼を損なう事無く、真摯に対応してまいります。

 

今後、当社から公表すべき事柄が発生した場合には、速やかに発表します。

引用元 : シャープ株式会社からの特許権侵害訴訟提起について | OPPO 日本

OPPO日本法人(OPPO Japan)は利用者などの関係者に謝罪した上で、訴状については現在受け取れておらず、詳細な情報は差し控えるとしています。

その上でまた今後の情報は迅速に発表するとしました。

www.oppo-lab.xyz

 

 

要求は「Reno A」などスマートフォンの販売差止め

シャープ側はOPPO製スマートフォンの販売差止めを要求しています。
今回要求されたスマホは5機種で以下のとおりです。

f:id:Azusa_Hirano:20191008135513j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191015153017p:plain
左 : Reno A 右 : A5 2020 どちらも人気機種

OPPO Find X(2018年11月発売)

OPPO R17 Pro(2018年12月発売)

OPPO Reno 10x Zoom(2019年7月発売)

OPPO Reno A(2019年10月発売)

OPPO A5 2020(2019年11月発売)

 

現在これ以上詳細な情報は明かされていません。

今後の新情報・続報などは当ブログでもお伝えしてまいります。

【最終更新 : 2020年1月31日】

関連記事 : OPPO公式アカウントがおもしろい「Huawei先輩」 - OPPOラボ

OPPO Reno A【日本正規代理店品】

情報元 : SHARP