OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

OPPO対シャープの裁判が終わる。和解の上で『契約』

f:id:Azusa_Hirano:20210918092500j:plain

スマートフォンを巡って訴訟争いになっていた、OPPOとAQUOSシリーズを手掛けるSHARPが和解します。

シャープは2020年1月から日本でLTEの通信技術を巡り、オッポを提訴、その後も台湾など国外に及んで両社の対立は深まっていたのですが、和解した上で2社が契約を結んだ事をシャープが8日明らかにしました。

 

シャープとOPPOの「特許紛争」終了

シャープ株式会社は2021年10月8日、同社とOPPOと間でグローバルで巻き起こっていた特許訴訟を巡る一連の訴訟に決着がついた事を明らかにしました。

またSHARPによれば、クロス(相互)ライセンスの契約を締結させたうえで、世界各国での訴訟取り下げにオッポと合意したとしています。

シャープ株式会社(以下、「シャープ」)とGuangdong OPPO Mobile Telecommunications Corp., Ltd(以下、「OPPO」)は、この度、両社の通信技術の特許を含み、それぞれの端末製品の販売をカバーする、グローバルな特許クロスライセンス契約の締結に至りました。当該クロスライセンス契約により、両社間の世界各地での訴訟も取り下げます。

 両社間の特許関連訴訟紛争は、2020年より世界各地で展開されてまいりましたが、今回、クロスライセンス契約に署名し、各地での訴訟取り下げに合意することで、両社の特許ポートフォリオの価値を認めることに繋がります。

出典 : シャープ

このOPPOとシャープが同意し締結させたクロスライセンスとは、複数の企業等が、自社が保有する特許権を含む知的財産権の使用を双方が許諾することを意味します。

 

OPPOは「満足」シャープは「歓迎」

f:id:Azusa_Hirano:20210806151852j:plain

この件についてOPPOの知的財産部シニア・ディレクターは、『OPPOは、イノベーションの価値を深く信じ、知的財産を非常に尊重しています。両社が世界各地で展開していた特許紛争を友好的に解決した結果に満足しています。今回のクロスライセンス契約は、OPPOの知的財産の強さを改めて示すものです。』と述べており、オッポとしては満足の行く着地点であると見られます。

 

一方のシャープの常務執行役員は、両社の知的財産権を尊重した結果であるとし、歓迎しているとコメントしました。

 

関連記事 : OPPOが日本から『撤退』する可能性があった事が判明

Source : シャープとOPPO間のクロスライセンス契約締結によるグローバルな特許紛争の終結|ニュースリリース:シャープ