OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

OPPOの社名変更 発売中のスマホ製品へ影響は?【改名】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20201010101938j:plain

先日旧オッポジャパン株式会社は『オウガ・ジャパン』に会社名を改名した事を公表しました。

OPPOの名前で国内市場を攻略してきた同社ですが、社名の変更による発売済み・販売中の既存するスマートフォンには影響はあるのでしょうか?

 

 

変わったのは社名だけ?

まずオッポジャパンから「オウガ・ジャパン」にリネームを行ったことによる同社の変化についてですが、現時点で変更されたのは会社の名前にとどまっています。

この為会社の電話番号や住所は従来から変わらず、また日本法人における代表取締役は引き続きトウ・ウシン氏が務めることになっています。

f:id:Azusa_Hirano:20201010094941p:plain

この他にもWebサイトのURLの変更なども無い

 

OPPOスマホの取り扱いやサポートはオウガジャパンに

このように今の所目立った変化が見られているのは社名のみで、その中身は前身のオッポジャパンと同じであると言えます。

そして旧名時に取り扱っていたOPPOブランドのスマートフォンやウェアラブル端末の販売や修理等のサポートについては、引き続きオウガ・ジャパンが行うことになっています。

f:id:Azusa_Hirano:20201010100437p:plain

サポートは「オウガ・ジャパン株式会社 アフターサービス部」に

またOPPO Japanは自社の公式SNSにおいて、社名変更後もオッポブランドは継承されると明かししています。 

 

オッポ製品利用者への影響は殆どなし 

f:id:Azusa_Hirano:20201007101036j:plain

このように社名変更後も、オッポジャパンが行ってきた事業は『オウガ・ジャパン』サポートされることになっています。

その為、現在OPPO製品を利用しているユーザーに対する直接的な影響はほぼ無いと言え、心配は不要でしょう。

 

勿論これまで積み上げてきたオッポのブランドは存続し、日本での商品の販売も引き続き行われます、またオウガになったOPPOが今後起こすであろう新たな展開に期待したいと思うところです。

 

関連記事 : OPPOが社名を変えることを発表!新ネームは『オウガ・ジャパン』に