OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

OPPO Reno3 Aに激安の強敵?おサイフ対応『Galaxy A21』日本発売へ【2万円】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20201015075550j:plain

先日サムスンは低価格スマートフォン「Galaxy A21」を日本で発売することを発表しました。

このA21は価格が非常に抑えられている上で、おサイフケータイや防水防塵などといった日本ユーザーに重視される要所を抑えている機種。

同機能をアピールポイントとしているOPPO Reno3 Aとは、今後の販路次第では価格を中心に競合ともなりうる1台になるかもしれません。

 

 

新発売「Galaxy A21」の基本情報

まず今回国内投入が発表された「Galaxy A21」のスペックなど基礎となる仕様の情報は次のとおりとなっています。

・メーカー : サムスン

・OS:Android 10

・CPU:Exynos 7884B

・ストレージ容量 : 64GB

・RAM : 3GB

・ディスプレイ:5.8インチ

・外カメラ:1300万画素

・内カメラ : 500万画素

・生体認証 : 顔

・重さ:151g

・バッテリー:3600mAh

・カラー : ブラック / ホワイト / レッド

・その他 : イヤホンジャック / FeliCa / 防水防塵 / FMラジオ

・価格 : 22,000円 

f:id:Azusa_Hirano:20201014201948p:plain

Galaxy A21

  

性能はOPPO Reno3 Aが上回る部分多数?

f:id:Azusa_Hirano:20201007101036j:plain

OPPO Reno3 A

このように安価な値段設定ながら色々詰め込んできたGalaxy A21。

非常に纏まっており、おサイフケータイと防水防塵性能を有しつつ低価格なのが魅力ですが、競合先となりうるOPPO Reno3 Aは価格こそは敵わないものの、パフォーマンスの面などでは上回ることになりそうです。

・値段 : 39,800円22,000円

・重さ:168g151g

・ストレージ容量 : 64GB128GB

・RAM : 3GB6GB

・外カメラ:1300万画素 → 

・内カメラ : 500万画素

・生体認証 : 顔+指紋認証

・バッテリー:3600mAh4025mAh

※赤文字がGalaxy A21、青がOPPO Reno3 A

 まず値段設定ですが、同じFeliCa対応で防水付きの端末としてはGalaxy A21とReno3 Aでは1万円以上の差額が存在しており、おサイフ対応機種としては激安と言える値段はとても魅力。

またデバイスの重量においてもA21は151gと非常に軽量で携帯性にも優れるでしょう。 

f:id:Azusa_Hirano:20201014202517p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201014201628p:plain
小さめでおサイフケータイも使える 機動性は高そう

一方で価格の分、スペックでは大きく違いがあり、RAM(実行メモリ)とストレージの容量はどちらもOPPO Reno3 Aが上回ります。

またカメラにおいてもクアッドカメラを搭載、もっともレンズの数や画素数のみでは判別はできませんが、写真機能を重視したい場合においてはOPPOが有利に立ちそうです。

f:id:Azusa_Hirano:20200624202337p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200620020534p:plain
値段の分、メモリやカメラは優位に立つ

加えてGalaxy A21では顔認証のみに対応していますが、OPPO Reno3 Aでは指紋認証も備えており、マスクを装着することが日常化している中で、快適な利用を促進できる指紋認証が付いているのは何気に大きな強みともなるでしょう。

加えてバッテリー容量がA21の3600mAhに対し、Reno3 Aでは4025mAhとスマートフォンとしてはそこそこ大きい電池で、スタミナ面でも上回る所。

f:id:Azusa_Hirano:20200624202337p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200620020547p:plain
マスクでも使える指紋認証搭載 バッテリー容量も大きめ

 

値段追求か機能面も取るか

このようにお手頃でおサイフケータイと防水防塵に対応する「Galaxy A21」と「OPPO Reno3 A」はどちらも一見類似する製品となっていますが、価格の分その仕様は大きく異なっています。

f:id:Azusa_Hirano:20200807114144p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200807114153p:plain
需要高いFeliCa・防水を抑えた上で機能を詰め込んだ

まずReno3 A側は上記2機能に加えて、パフォーマンスと指紋やカメラなど各機能面にも力を注いでいる1台となっていますが、対する今回のA21は、FeliCaと防水対応ですが、その全体的な仕様は値段をとにかく抑えたいユーザーに向けたものとなっています。

また実はにコンパクトで持ちやすい点も重宝したいポイント。

f:id:Azusa_Hirano:20201014201628p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201014202517p:plain
A21は最低限にまとめられた1台

どちらもリーズナブルで、コストパフォーマンスに優れた機種ですが、おサイフと防水に加えて値段を重視して選ぶか、少し高価になるが多彩な機能を備えるOPPOを取るか、使い方次第でコスパの捉え方が大きく変わってくる2台になりそうです。

 

今のところ「Galaxy A21」はNTTドコモから発売される予定ですが、今後は「OPPO Reno3 A」を現在取り扱っている『UQモバイル』など販路は広がっていくと思われます。

 

関連記事 :  安いのにFeliCaと最新OS!「Galaxy A20」ファーストレビュー・感想【UQモバイル版】