OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

【FeliCa】OPPO Reno3 Aのライバルになりそう『Pixel 4a 5G』が国内でも発売

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20201001070622j:plain

本日Googleは、同社ブランド製スマートフォン「Pixel」シリーズの最新モデルとなります「Pixel 5」と『Pixel 4a 5G』を発表しました。

Pixel 4a 5Gは8月に発売された「Pixel 4a」の上位モデルに相当する機種で、FeliCa(おサイフケータイ)機能を備え、5G通信にも対応しておりSIMフリーとしての発売も予定されています。

そして本機種は現在国内で販売されているFeliCa搭載でSIMフリースマホとして「OPPO Reno3 A」が人気を博していますが、この2機種はライバル関係に置かれることになりそうです。

 

 

発表情報 : 「Pixel 4a 5G」価格は4万円台に抑える

f:id:Azusa_Hirano:20201001053831p:plain

Google Pixel 4a with 5G

まずグーグルから今回発表されました「Google Pixel 4a 5G」の基本スペックは次のとおりです。

・OS:Android 10

・CPU:Snapdragon 765G

・ストレージ容量 : 128GB

・RAM : 6GB

・ディスプレイ:6.24インチ

・外カメラ:1220+1600万画素 デュアル

・内カメラ : 800万画素

・生体認証 : 背面指紋認証 / 顔認証

・サイズ : 153.9×74 mm×8.2 mm / 168g

・バッテリー:3800mAh

・カラー : ブラック

・その他 : FeliCa / eSIM / イヤホンジャック / Type-C 

日本での価格は現時点では公表されていませんが、米国では日本円にして5万円台前半で販売される予定です・

あくまで参考情報ではありますが、国内でも同等の値段で取り扱われれば、これはミドルハイクラスの性能を有しており、FeliCaも搭載、そして5G通信機能を持つスマートフォンとしては低価格なカテゴリーに入るでしょう。

販路は現時点で国内ではGoogle StoreよりSIMフリー版、通信事業者としてはソフトバンクが取り扱うことになっています。

 

共通点多く 価格ではOPPO Reno3 Aがリードか

このように5Gスマートフォンながら、値段を5万円をいかない価格を実現するなどコストパフォーマンスは非常に高い仕上がりとなっています。

そしてSIMフリーでの取り扱い、おサイフケータイ対応、中価格帯での販売などいくつか類似する点を持つ機種としては「OPPO Reno3 A」が挙げられます。

f:id:Azusa_Hirano:20200616113127p:plain

共通点も多い「Reno3 A」

ただ共通点も多いながら一方でこの2機種の違いもいくつか存在しており、カタログスペック上で判断できる、その優劣と差異は以下のような点が見られます。

・CPU:Snapdragon 665 → 765G

・サイズ:169g → 168g

・5G通信 : 非対応対応

・外カメラ:1200+1600  → 800+4800+200+200万画素

・内カメラ : 800→ 1600万画素

・バッテリー:3800 → 4025mAh

・急速充電 : 非対応対応

・防水防塵 : 非対応 → 対応

・価格 : 53,000円(米) → 39,800円

※赤文字がPixel 4a 5G、青文字がReno3 Aでの仕様

まず価格では日本での値段は公表されていませんが、Reno3 Aのほうが安価になるのは確実と言えます。

また大きな違いとしてはCPUでしょうか、OPPO Reno3 Aでは性能的には優れているとは言い難いSnapdragon 665を採用しており、これはパフォーマンスにも影響し利用者からは不満も。

一方でPixel 4a 5Gは下位モデルの「Pixel 4a」から更にパワーアップしたSnapdragon 765Gを搭載し性能面にも大いに期待が持てるでしょう。

f:id:Azusa_Hirano:20201001061121p:plain

性能では勝るPixel 4 5Gはおサイフケータイこそは使えますが、実は防水防塵性能は備えていません。

一方でFeliCaに加えて防水にも対応しているOPPO Reno3 Aは、より日本向けに特化した仕上りとなっており、購入者を大きく分かれさせる分岐点になりそうです。

f:id:Azusa_Hirano:20201001062948p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201001062721p:plain
防水など多機能な顔を持つReno3 A

この他にもReno3 Aは急速充電に対応しておりバッテリー容量も4025mAhとパワフル。

またカメラの画素数はピクセルを上回っており、写真機能にも注力しているなど、全体的に性能面以外での要素が強化されている1台です。

 

選び方は値段と機能性か、5Gと高性能か

今回OPPO Reno3 Aと多く共通点を持ってリリースされた「Pixel 4a 5G」

リーズナブルでFeliCaと5G対応、それでいて高性能なのは正直非常に魅力的に感じました。

f:id:Azusa_Hirano:20201001053831p:plain

5Gスマホとしては性能を踏まえればお手頃な4a 5G

対するOPPO Reno3 Aはパフォーマンス面ではこそは敵わないでしょう。

ただ5G通信やスペック抑えめな分値段は3万円台と低価格、またおサイフに加えて防水防塵や急速充電・豊富な写真モードなど、価格と機能面で捉えればではPixel 4a 5Gにも勝る1台となるでしょう。

f:id:Azusa_Hirano:20200616113042p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20201001065152p:plain
多彩な機能と値段が強いReno 3A

今回取り上げました『Google Pixel 4a』は10月15日に発売される予定で、現時点で明かされている販売先はGoogle公式ストアと、ソフトバンクとなっています。

 

関連記事 : おサイフ・防水のOPPO Reno3 Aに強敵出現?「AQUOS sense4」が発表される