Web
Analytics

OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

Amazonでも買える「OPPO Reno 10x Zoom」耐衝撃ケースのレビュー・感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20200210235510j:plain

今回OPPO Reno 10x Zoom用の耐衝撃仕様のケースを購入しましたので、レビューします。

Amazonなどで気軽に購入できる少しSpigen風な製品です。

 

 

購入したケース

f:id:Azusa_Hirano:20200210120135p:plain

今回購入しましたのは、画像の耐衝撃仕様のケースで価格は600円でした。(Amazon)

この手の製品にはありがちな、Spigenの「ラギットアーマー」シリーズを意識したであろうデザインとなっています。

f:id:Azusa_Hirano:20200206221633p:plain

Spigenのラギットアーマー製品の一例

 

ケースのデザイン・外観

f:id:Azusa_Hirano:20200715124327j:plain

背面には全体的にヘアライン加工が施されており、素材は柔軟性に優れたTPUとなっており、上下にカーボン調な仕上げがなされています。

このヘアライン仕上げはオマージュ元のSpigen「ラギットアーマー」では採用されておらず、手触りはサラサラしているイメージで、600円ながら製品のクオリティをアップする配慮が見られます。

f:id:Azusa_Hirano:20200715124332j:plain
内部には衝撃を吸収するのの効果がありそうな模様が確認できます。

f:id:Azusa_Hirano:20200715124301j:plain

背面には「The Ultimate Experience」(究極の体験)と、対応する機種名が彫られています。

「OP-Reno-10x」となっていますが、これは機種の名前自体が長いため、省力されていますが実用する上では全く問題ありません。

 

Reno 10x Zoomに装着

f:id:Azusa_Hirano:20200715124342j:plain

ディスプレイ側

Reno 10x Zoomに装着した様子です。キツイなどといった事は無くしっかりハマってくれます。

f:id:Azusa_Hirano:20200715124337j:plain

背面側

f:id:Azusa_Hirano:20200211000257j:plain

外カメラ側

カメラの切り抜きもバッチリです。

f:id:Azusa_Hirano:20200715124351j:plain
またReno 10x Zoom特有の本体上部に設けられたホップアップ式カメラ部分の勿論対応しています。

また上部中央が大きく空いている為、外れがちな左右の部分も軽い力では取れにくく感じました。

f:id:Azusa_Hirano:20200715124357j:plain

しっかり飛び出す

本体左側面のプラス・マイナスボリュームボタンは分けられてはおらず、慣れていない方だと触っただけでは判別はしずらいかもしれません。

f:id:Azusa_Hirano:20200715124401j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20200715124406j:plain

本体下部のスピーカー、充電口のくり抜きはバッチリです。

また充電口部分が大きめに開けられていますが、これはOPPO付属の純正ケーブルが大きめなサイズであることを考慮しての作りと思われます。

 

まとめ

f:id:Azusa_Hirano:20200715124410j:plain

現在オマージュ元のSpigen社は現在OPPO製品向けにケースを発売しておらず、OPPOスマホのケースの選択肢は日本では狭まれがちです。

660円で充分使える今回のケース、耐衝撃仕様でカッコいいデザインを求められている方はそんなに高価な物でもないので、数少ない選択肢ですが是非試してみて下さい。

関連記事 : OPPO公式が日本向け新機種について匂わす - OPPOラボ