OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

【派生系】OPPOと「realme」スマホの違い・共通点を比較

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20200509202049j:plain

OPPOのサブブランドとして設立され、今や独立を果たしたスマホブランド「realme」(リアルミー)

元はサブブランドでOPPOから派生したrealmeですが、その関係性から両社のスマホには違いが有りつつも、多くの共通点も存在しています。

本記事ではOPPOとrealmeのスマートフォンの違いを紹介します。

 

 

端末デザインを比較

端末デザインは機種によっては近い製品も存在していますが、最近の製品であれば外装のデザインに共通点は多くありません。

強いて言うならばOPPOもrealmeも派手なデザインの製品が多く目立つ印象で、「OPPO A5 2020」と「realme 5 Pro」を比較してみます。

f:id:Azusa_Hirano:20200715125242j:plain

左 : realme 5 Pro 右 : A5 2020

両者とも光に当てるとかなりギラギラしている他、非常に反射してきます。

また「Realme 1」など旧機種においては端末にrealmeのロゴとOPPOのロゴが印刷されていた製品も存在していました。

しかし現在の機種においてはの背面に「OPPO」の文字は刻まれておらず、あくまで異なる独立したブランドとして取り扱われていいます。

f:id:Azusa_Hirano:20200509171448p:plain

OPPOのロゴも持つ「Realme 1」

f:id:Azusa_Hirano:20200715125246j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20200715125250j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20200715125256j:plain

またディスプレイ側は正直各社似たりよったりなデザインになってしまいますが、OPPOもrealmeも主に画面上部の切り込み(ノッチ)には「水滴型」を採用しており、外装では少ない共通点と言えます。

f:id:Azusa_Hirano:20200509171231p:plain

水滴型ノッチはOPPOが特徴とするポイント

関連記事 : OPPOのサブブランドスマホ「Realme 5 Pro」ファーストレビュー・感想

関連記事 : OPPO A5 2020のレビュー 「2万円で4眼カメラを搭載」

 

ソフトウェア

続いては内部を比較し、見ていきます。

f:id:Azusa_Hirano:20200509201919p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200509201924p:plain
OS情報 左 : realme 右 : OPPO

realmeのスマートフォンはAndroid 9まではOPPOと同じAndroidをベースとした「ColorOS」を採用しており、基本的に共通点が多く見られる一方異なる点も存在しています。

f:id:Azusa_Hirano:20200429194510p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200503162100p:plain
ロック画面 左 : realme 右 : OPPO

まずはロック画面です。

OPPOでは左上に日付と時刻が表示されていますが、realmeにおいては上部中央に表示されています。
またOPPOでは画面を点灯させるごとに壁紙が切り替わる「ロック画面マガジン」機能を備えていましたが、realme機では機能そのものが消去されています。

f:id:Azusa_Hirano:20200429194311p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200503162048p:plain
ホーム画面 左 : realme 右 : OPPO

次にホーム画面です。各アイコンが異なるデザインとなっています。

またOPPOではデフォルト設定はインストールしているアプリがすべてホーム画面上に表示されるようになっています。

対するrealmeでは通常のAndroidスマートフォンと同じように、アプリ一覧画面(ドロワー)が始めから表示されています。

f:id:Azusa_Hirano:20200429194337p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200503162055p:plain
左 : realme 右 : OPPO

続いては通知センターで、こちらもホーム画面同様に一部のデザインが異なっています。
OPPOでは各ボタンの形状は四角いデザインで統一されていますが、realmeにおいて円形で揃えられています。

www.oppo-lab.xyz

このように違いとしては主にデザイン面が目立ちます、しかし大きく見て異なるのはこの程度で、その他に各アプリ等のデザイン・操作方法は共通しています。

f:id:Azusa_Hirano:20200509201914p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200509201908p:plain
設定画面 左 : realme 右 : OPPO
f:id:Azusa_Hirano:20200503162231p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200503162240p:plain
カメラアプリ 左 : realme 右 : OPPO
f:id:Azusa_Hirano:20200509202015p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200509202009p:plain
電話アプリ 左 : realme 右 : OPPO
f:id:Azusa_Hirano:20200509201950p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200509201944p:plain
フォンマネージャー 左 : realme 右 : OPPO
f:id:Azusa_Hirano:20200509201933p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200509201938p:plain
純正データ移行アプリ 左 : realme 右 : OPPO


ウォーターマーク

f:id:Azusa_Hirano:20200329213053j:plain

ウォーターマークの一例

最近のスマートフォンにおいては写真を撮影した際に左下に機種名を記録できる機能が備えられているモデルが多く、realmeとOPPOもその例外ではありません。

このウォーターマークはOPPOとrealmeではデザインが異なります。

f:id:Azusa_Hirano:20200430133021j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200509203022j:plain
左 : realme 右 : OPPO
f:id:Azusa_Hirano:20200509202200j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200509202155j:plain
拡大

OPPOのウォーターマークは機種名のみ表示されています。

対してrealmeではブランドロゴにカメラの画素数にカメラレンズの数を表記した上で「Shoto on 機種名」と刻むなど、OPPOと比べると自己主張が激しい印象を持ちました。

 

高速充電規格は同一

f:id:Azusa_Hirano:20200509204826p:plain

OPPO Japan公式ホームページより

OPPOもrealmeも高速充電を強みとしていますが、その規格はrealmeでもOPPOが独自に開発した「VOOC」が採用されており、OPPOの充電器でも対応さえしていればrealmeスマートフォンの高速充電が可能となっています。

f:id:Azusa_Hirano:20200509204105p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200509204100j:plain
左 : realme 右 : OPPO

充電アニメーションは異なりますが、どちらも「VOOC」と表示されているのが分かります。

 

まとめ ・雑感

f:id:Azusa_Hirano:20200715124847j:plain
もともとはOPPOのサブブランドなだけあって、外装こそは大きく異なりますが、小さな違いをありますが、特にソフトウェア面では圧倒的に共通点が多いことが分かりました。

日本国内ではrealme製品は現在正規に販売はされず、日本ユーザーが触れる機会は決して多くはありません。

しかし海外の渡航先などで使うスマホとしてrealme機種を検討される場合には一度OPPOのスマートフォンを店頭などで触ってみれば、大体の使用感を把握できると思います。

 

関連記事 : OPPOの最新「ColorOS 7」と旧「ColorOS 6」の違い

OPPO A5 2020【日本正規代理店品】アマゾン