OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

OPPOが語る「Reno5 A」のこだわり『おサイフケータイの位置』

f:id:Azusa_Hirano:20210730224132j:plain

おサイフケータイが使えるスマートフォンとして支持を得ている『OPPO Reno5 A』

2019年発売された初代Reno A以降、FeliCaを搭載し続けているReno Aシリーズですが、実はシリーズを重ねる毎に、おサイフケータイ使用時にかざす「位置」が移動しているにはご存知でしょうか?

そのFeliCaセンサーの箇所には、OPPOとしても特に拘って仕上げたことが判明しました。

 

初代「Reno A」から徐々に上部に移動している

f:id:Azusa_Hirano:20210517110321j:plain

まず初代OPPO Reno Aのおサイフケータイセンサーは、端末の中央部の少し上に配置されていました。

OPPO Reno Aのような大画面機種において、この箇所だと、意識的に中央に置くような格好にする必要があり、自然にかざす形ではありませんでした。

f:id:Azusa_Hirano:20210730223114j:plain

初代では中央にあるため、持ち方を意識する必要があった

続く2代目の「OPPO Reno3 A」はより上部にFeliCaセンサーが設けられ、初号機より決済端末や改札などにかざしやすく、初代より使いやすさに配慮した作りでした。一方で少し左側に寄った仕様になってもいます。

そして現在最新モデルである「Reno5 A」では端末の上部かつ中央になり、歴代のReno Aシリーズの中でも、最も自然にかざせる位置に収まることになりました。

f:id:Azusa_Hirano:20210730223437j:plain

同じおサイフケータイ対応OPPOでも、その使い勝手は異なる

 

OPPOのマネージャーが語る「時間をかけて拘った」

f:id:Azusa_Hirano:20210730222905j:plain

OPPO Japan 中川裕也氏(イメージ)

このように上へと移動を続けたOPPO Reno Aシリーズのおサイフケータイの位置ですが、これはOPPO Japanとしても、かなりの時間を開発に費やし拘ったものあることであることが発売後明かされました。

格安SIMを提供する「mineo」が運営するYoutubeチャンネル『マイネ王』の動画内に出演した、OPPO Japanプロダクトマネージャーの中川裕也氏の口から語られています。

ビデオ内で女性レポーターからOPPO Reno5 Aの『拘った点』を尋ねられた中川氏は、次のように答えました。

「おサイフケータイ 普通にどの機種にも入っているんで 当たり前にどのメーカーさんも付けているように見えるんですけど」

『結構開発コストも期間もかかる 位置も拘って人が使う中で 邪魔にならないとか使いやすさを重視して設計しています。』

ただただおサイフケータイを取り入れるだけでなく、使いやすさを重視した「位置」に赴きを置いて企画したと明かされました。

その上で「自然に使いやすい位置」が、端末の上部中央になったといいます。

f:id:Azusa_Hirano:20210716032636j:plain

OPPO Reno5 A

この返答を受けた男性リポーターは「確かにそこでやるわ いつも ピッて」と、中川氏が語ったこだわりに、いち利用者として共感を示しました。

 

FeliCaだけでなく「使いやすさ」が高くなっているReno5 A

f:id:Azusa_Hirano:20210716053938j:plain

OPPO Japanの中川氏が語ったように、おサイフケータイの使い勝手が向上したと言えるOPPO Reno5 A。

ただコレ以外にもReno5 Aではより手に取りやすい端末を目指して改善を行なった点も多く見られ、例えば筐体のボディーは公式が「持ちやすさを実現」と表現しています。

コレ以外にも反応や速度の評価が今一つであった画面内指紋認証は背面式に変更

また前作でスペックダウンしてしまい「もっさり」とスムーズに使えない事を生かしたのか、今作はスペックも大幅に向上も果たしました。

www.oppo-lab.xyz

このようにおサイフケータイを含め利用者の「使い勝手」を重視したような仕上がりになっていると感じさせられました。

引き続きReno Aシリーズには、日本人ユーザーの使いやすい機種になるようなモデルとしての立ち位置を保持するよう期待したい所です。

 

関連記事  : 安さが好評の「Reno5 A」OPPOは価格を『心配』していた事が明かされる

Source : Youtube(マイネ王)