OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

OPPOの文字入力・変換が遅い?キーボードアプリを変更しよう

f:id:Azusa_Hirano:20210416144644j:plain

OPPOのスマートフォンには「Simeji for OPPO」というオッポ端末向けに開発されたキーボードアプリが標準でイントール・設定されています。

このキーボードアプリの動作・レスポンスは動作や予測変換の表示が遅い・重いなど問題を抱えており、OPPO公式としてもアプリ変更を推奨しています。

当記事ではSimeji for OPPOからOPPO公式が推奨するキーボードアプリへの変更方法を解説しています。

 

 

オッポ公式もSimeji以外を推奨

OPPO JapanはTwitter上でユーザーからのキーボードの動作について複数問われていて、Simeji for OPPOから変更を促していると思われる返信を行っています。

Simejiと協力して開発した「Simeji for OPPO」ですが、公式としても使用感の低下を認識しているようです、

公式が推奨しております「Gboard」はGoogleが提供している純正キーボードアプリで、Simeji for OPPOとは別に内蔵されており、このように利用者にキーボードアプリの切り替えを進めています。

 

変更が推奨される機種

「Simeji for OPPO」がデフォルトのキーボードアプリに設定されている機種は、2019年10月から11月にかけてに発売されたモデルで、以下の通りです。

OPPO Reno A

OPPO Reno A 128GB

OPPO A5 2020

上位機種に加えて、2020年4月の(Android 10(ColorOS 7)へのアップデートが配信された端末においても問題の「Simeji for OPPO」が更新に伴い追加されている場合があります。

また2020年6月発売の『OPPO Reno3 A』以降の機種では、今回取り上げている「Simeji for OPPO」は内蔵されなくなりました。

 

キーボードアプリを変更する方法

以下の手順に沿って進めて下さい。 

f:id:Azusa_Hirano:20200212011940p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200212011946p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200212011952p:plain

① ホーム画面より「設定」アイコンをタップし、設定アプリを開きます。

「その他の設定」を押して下さい。

「キーボードおよび入力形式」をタップします。

f:id:Azusa_Hirano:20200212011958p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200212012002p:plain

「デフォルトキーボード」をタップして下さい。

⑤ キーボード選択のホップアップが表示されますので「Gboard」をタップします。

タップ後、表示が消えればキーボードアプリの設定変更は完了です。

f:id:Azusa_Hirano:20200212012007p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200212012011p:plain
左 : Simeji for OPPO 右 : Gboard

変更後は検索画面やLINEなどを開いてキーボードが表示される画面にアクセスし、キーボードが正常に変更されているか確認しましょう。

キーボードの左上にGoogleの「G」ロゴが表示されていればOKです。

 

ユーザーとしてはひと手間余計な作業となりますが、キーボードを変更するだけで随分と使い勝手が変わります。

そこまで難しくない設定の上、OPPOとしてもGboardを推奨していますのでキーボードに不満を感じてい方は是非試してみて下さい。

 

関連記事 : OPPO内臓のキーボードアプリ『Simeji』が危険?