OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

OPPOがSIMフリースマートフォンがシェアで4位に浮上【BCN】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20200322001135j:plain

BCNは2019年1月1日〜12月31日の1年で集計した、SIMフリースマートフォンの販売台数を発表しました。

それに伴って日本国内におけるSIMフリースマートフォンのメーカー別シェアも明らかになっています。

 

 

低価格機種が人気

今回公表されました、2019年の「SIMフリースマートフォンシリーズ別販売台数シェア」は以下のとおりです。

・1位 : P20 lite(ファーウェイ)

・2位 : AQUOS  sense2(シャープ)

・3位 : P30 lite(ファーウェイ)

・4位 : ZenFone Live(L1)(ASUS)

・5位 : nova lite 3(ファーウェイ)

・6位 : ZenFone Max(M2)(ASUS)

・7位 : OPPO AX7

・8位 : OPPO R15 Neo

・9位 : AQUOS sense

・10位 : ZenFone Max Pro(M2)(ASUS)

OPPOは「R15 Neo」と「AX7」エントリーモデル2機種に支えられた1年となりました。

現在は2万円〜3万円台の「Reno A」「A5 2020」を2019年10月以降に発売しており、現在の同社の主力機種はこの2モデルからは切り替わっています。

f:id:Azusa_Hirano:20191007101659p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191004150203p:plain
左 : R15 Neo 右 : AX7

またファーウェイやシャープなどの競合他社も「P20 lite」「AQUOS sense2」といったの価格を抑えた機種がよく売れている印象を受けました。

関連記事 : 2020年も売れる「OPPO AX7」ファーストレビュー・感想 - OPPOラボ

 

OPPOはシェア4位

f:id:Azusa_Hirano:20191209115323p:plain

2019年OPPO Japanは日本でシェア11.8%(SIMフリー)を獲得し、国内4位となりました。

OPPOを含む各メーカーのシェア率は以下のとおりです。

・1位 ファーウェイ :  35.5

・2位 ASUS : 23.0%

・3位 シャープ : 17.3 %

・4位 OPPO : 11.8%

・5位 モトローラ : 4.0%

 ライバルのHuaweiやシャープには及ばない結果となりましたが、一方でOPPOより先に日本国内においてスマートフォン事業を展開してきたモトローラを超えるシェアを獲得しています。

 

 

20年はOPPOが更にシェアを上げるか

現在日本国内のSIMフリースマートフォン市場では「ファーウェイ」が強い人気を誇っていますが、現在同社はアメリカからの制裁の関係で、Android OSの肝となるGoogleサービスを搭載できないなど事情を抱えています。

現在は自社のアプリストア「App Gallery」のラインナップの補充など自社サービスの強化に努めていますが、その他にも日本においてはイメージが確実に低下など、問題が解消されない限り、2020年は厳しい1年になる可能性があります。

f:id:Azusa_Hirano:20200107040610p:plain

Googleナシの「Mate 30 Pro」日本でも発売される

一方でこれまでファーウェイが強かった日本のSIMフリースマートフォンですが、2020年にシェア率を上げてきそうなのは「OPPO」ではないでしょうか。

同社は2019年に発売したおサイフケータイ対応で低価格な「Reno Aコスパ重視の「A5 2020を発売、そして現在も売り筋ランキング常連の機種となっています。

f:id:Azusa_Hirano:20191008135513j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191015153017p:plain
左 : Reno A 右 : A5 2020 OPPOの主砲機種

また新機種だけではなくOPPOは、Reno A発売に伴ってイメージキャラクターにタレントの指原莉乃さんを起用テレビCMの放映など広告展開やブランドの知名度向上にも力を入れています。

その努力あってか、2020年の大手携帯電話会社のソフトバンクの新製品には「OPPO Reno3 5G」が採用されるなど、急速に成長しており、今年はOPPOがかなりシェアなど勢いを伸ばしてくることが予想されます。

www.oppo-lab.xyz

 

2019年にファーウェイ騒動で騒がしかったSIMフリースマートフォン市場。

また同年末にはスマホなどを手掛けてる、中国の総合家電メーカー「Xiaomi」(シャオミ)も日本市場に参入するなど、常に変化を続けています。

OPPOは順調な一方シャープとの訴訟問題を抱えるなど、各社から目が離せない1年となりそうです。

 

関連記事 : 2018年発売「OPPO R17 Neo」が"今"売れ始めている件 - OPPOラボ

OPPO Reno A【日本正規代理店品】

情報元 : BCN+R