OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

ColorOSの最新バージョンが「7」から『11』にスキップされる【OPPO】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20200912050901j:plain

OPPOはAndroid 11の正式公開に伴っって、『ColorOS 11』のベータ版を一部機種にリリースしています。

しかしナンバリングに異変があり、現段階で最も新しいバージョンはColorOS「7」にも関わらず今回は11まで数字が飛ばされる形なっています。

 

 

ColorOS 7から11に

まずColorOSのナンバリングに付いてですが、Android 9のときは「ColorOS 6」Android 10では「ColorOS 7」と数字の順序に沿った名称が付けられてきました。

f:id:Azusa_Hirano:20200824120217j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20200801175545j:plain
左 : Android 9のColorOS 6 右 : Android 10なColorOS 7

そして従来どおり、Android 11であれば次は『ColorOS 8』となると予測されます。

しかし実際に先日発表されたのはColorOS 11で、7から11までの数字は飛ばされる形となりました。

f:id:Azusa_Hirano:20200912045423j:plain

ColorOS 11へ飛び級

 

ユーザーへの配慮が目的か?

そして今の所、8をスキップしてColorOS 11とされた理由は明らかにされていません。

ただ最も考えられるのは利用者への配慮でしょう、これまではAndroidとColorOSのバージョンは異なる数字で、少々誤解を招く可能性がありました。

f:id:Azusa_Hirano:20200609062218p:plain
f:id:Azusa_Hirano:20191128105816j:plain
ColorOS「7」はAndroid「10」など紛らわしかった

しかしAndroidと同じナンバリングに設定すればユーザーとしても理解しやすくなる為、数字の並びより認識のしやすさを優先したものと思われます。

また実はこのような事例は過去にも他社で存在しており、その1つがファーウェイです。

f:id:Azusa_Hirano:20200818101229p:plain

Huaweiもナンバリングをスキップさせた

同社は独自UIの名称である「EMUI」の数字付をAndroid 7時点ではEMUI 5と名付けていましたが、Android 8のリリースに伴ってアンドロイド側と合わせるように『EMUI 8』に変更しています。

 

ColorOS 11は9月14日に正式発表

f:id:Azusa_Hirano:20200912043614j:plain

数字が一気に飛んだ最新のColorOS 11。

その詳細な新機能やビジュアルはまだ明かされていませんが、2020年9月14日に催されるColorOSのオンライン発表会で、その全体像が公開される予定です。

関連記事 : 【Android 11】オッポが一部機種に「ColorOS 11」ベータ版の提供を開始