OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

OPPOが国から『スパイ行為の可能性』について指摘される

f:id:Azusa_Hirano:20210804064551j:plain

中国メーカーOPPOが、国家からスパイ疑惑を向けられている事が明らかになりました。

ベルギー王国の報道官が、中国企業が製造・販売するスマートフォンについて警戒を薦めるように発言したことが、複数の海外メディアによって報じられています。

その中国企業にはXiaomiとOnePlus、そしてOPPOが名指しされた上で、『スパイリスク』があると指摘しました。

 

ベルギー当局が明かす「事例は未確認もスパイ行為の可能性」

「L'Echo」など海外メディアによると、ベルギー諜報機関に務めるイングリッド・ヴァン・デイル氏が、スパイ活動の具体的な事例が確認はなされていないものの『Xiaomi・OPPO・OnePlus製スマートフォンを使用した場合においてスパイ行為の脅威に晒される可能性がある』とし『警戒を薦める』と発言したことを伝えました。

f:id:Azusa_Hirano:20210804054702j:plain

ベルギーで販売されているOPPO端末の一例

また法務大臣への質疑応答の中では『これらの企業と中国政府の間には組織的な深い交流がある』と言及された事も合わせて報じています。

www.lecho.be

これまで国家と深い関係が指摘されたスマートフォンメーカーとしてはHuaweiがいます。

今回はファーウェイについては触れられていませんが、ベルギー政府が中国政府と上記3社は深い関係性にあると見做した格好です。

f:id:Azusa_Hirano:20210626062252j:plain

これまで中国政府との関係性について指摘された携帯メーカーはHuawei程度

 

OPPOベルギー法人は「国の法律を守っている」と回答する

この国家安全保障局のヴァン・デーレ氏による発言など、中国メーカー製スマートフォンの脅威やスパイ行為の懸念について報じられた後、OPPOの現地法人が返答を行なっています。

ベルギーメディア「The Brussels Times」によれば、OPPOベルギー担当者DriesCludts氏は、「OPPOは世界40か国以上で事業を展開しており、現在の国の政府や意思決定者との良好な関係を維持している」と述べたといいます。

f:id:Azusa_Hirano:20210804062256j:plain

OPPOベルギー法人が運営する公式Twitter

その上で「私たちはすべての現地の法律と規制を遵守して働いています」と回答を出していて、報じられた一連の疑惑を否定しています。

一方でXiaomiやOnePlusからは現時点で即時の回答はないとのことで、残りの2社の回答も待たれる所です。

f:id:Azusa_Hirano:20210731232824j:plain

 

あくまで懸念についての言及のみ いわゆる「制裁」などはなし

国家から疑惑の目を向けられる事態となったOPPOとOnePlus、そしてXIaomiですが、一方でファーウェイのような制裁措置などは今の所講じられません。

あくまでベルギー国内でシェアを広げるオッポら中国メーカー端末への脅威について、国民とその利用者に向けて警戒を促した形となっています。

f:id:Azusa_Hirano:20210619164302j:plain

当局は言及した行為の事例は確認できておらず「可能性」を指摘したのに留まる

これまでXiaomiやHuaweiには制裁が課された事例はあるものの、OPPOが政府の公的組織から名前を挙げられ、このように報じられるのは恐らく初めてのことです。

 

数ある中国系スマホ企業の中では、過去に不祥事や国家組織から名指しされることもなく、目立った問題点が見られなかったOPPOにも、遂に疑いの目が向けられることになりました。

 

関連記事 : OPPOは追加されず?米国が中国スマホ「Xiaomi」に制裁措置を発表

Source1 : La Sûreté de l’État met en garde contre les smartphones chinois | L'Echo

Source2 : Belgian state security issues spy-risk warning against Chinese smartphones