OPPOラボ

OPPOのファンブログ

OPPOスマホのバッテリー持ちを良くする方法

OPPOスマートフォンは電池持ちをウリの1つとしていますが使い方によって電池に持ちは変化しますよね。

また災害など緊急時に大事な物の一つとして携帯電話など「連絡が取れる物」があげられますよね。またスマホであれば常に最新の情報が確認可能です。

しかし災害などの緊急事態はいつ発生するか分かりませんし、使えばバッテリーも消費してしまいますよね?本ページではOPPOスマホでバッテリーの持ちを改善、良くする方法をご紹介します。

 

 

 

設定を切り替えてサクッと省電力に

f:id:Azusa_Hirano:20190629210515j:plain

まずは簡単にスグできる物からご紹介!スマホには様々な機能が備わっている為、使わない設定が有効になっていると電池を消費しがちです。まずは簡単な設定から見ていきましょう。

 

① まず画面がついている状態で画面の一番上から下にスワイプして下さい。

② はい ここは『通知センター』となります。

上の方に「Wi-Fi」や「Bluetooth」などのボタンがあるのはお分かり頂けますでしょうか?

このWi-FiBluetoothは使用する際はオンにしていても問題ありませんが、使わない時にもオンにしていると常に電波を探すため裏で動き続けてしまいます。

そうすると必然的に消費してしまうバッテリーは多くなってしまうので、こまめに使う時だけ「オン」にして使わないときは「オフ」にするよう心がけてみて下さい。

明るさを調整/設定する

次にスマホ省電力化に欠かせない「明るさの調整」をご紹介します。

まず先程の 「設定を切り替えてサクッと省電力に」で解説した方法で通知センターを開いて下さい。

A.通知センターが開いたら各設定ボタンの下にあるピンクの枠で囲った白い丸を押しながら左右に動かして下さい。

B.するとこのような状態になりますので、良い明るさになったら指を離して完了です。

それとデフォルトでは自動で明るさ調整を行うようになっているのですが、そのままだとせっかく調整しても元に戻ってしまう上、常に明るさをチェックしているためバッテリーも消費してしまいます。

自動調整もオフにしちゃいましょう。先程と同じく、通知センターを開いたら明るさ調節バー横のピンクの枠で囲った「A」をタップして変更完了です!

 

バッテリー設定を確認する

次に設定画面の中にあるバッテリー設定を確認してみましょう。OPPOスマホにはバッテリー専用の項目が用意されています。

f:id:Azusa_Hirano:20190614173047p:plain

まずホーム画面より「設定」をタップし開いて下さい。

 

 ① 設定画面が開きましたら次に『電池』を押して開いて下さい。

② はい ここがバッテリーの設定画面となります。上から順に「省エネ」「省エネモード」「スマート省エネ(推奨)」「電池使用量」「節電オプション」と6つの項目が用意されています。

「省エネ」の単語が3つも並んでいて少し戸惑いますね^^; 順に解説していきます。

 

省エネ

一番上の「省エネ」は自動で電池消費を抑える設定に切り替えてくれる機能です。

A.こちらは「省エネ」設定を開いた直後の画面です。電池を多く消費しているアプリ設定が表示されています。

一番下の「バッテリー寿命を...」をタップすればチェックマークをいれた項目に書かれている内容が実行され、Bの画面に変化すれば完了です。

分からない物変更されては困るものからは必ずチェックマークを外してください、項目によっては再設定が必要になるものも用意されています。以下各項目の解説となります。

・「電力を消費するアプリを今すぐオフにする」は起動中や実行中のアプリを自動で終了します。

・「GPSをオフ」ではその名の通りGPS機能をオフにしてくれます。

・「電力を消費するアプリの自動起動を無効にする」では自動に起動するよう設定しているアプリでバッテリーを多く消費している物を自動起動設定をオフ(無効)に変更してくれます。

・「バックグラウンド実行を無効にする」バックグラウンド(裏)でも実行するように設定したアプリをオフ(無効)にします。

 

この中に出てきた自動起動やバックグラウンドの設定って何?という方はコチラをご参照下さい!

www.oppo-lab.xyz

 

省エネモード

省エネモードはその名の通りオンにしている間、電池消費を抑えてくれる機能です。

iPhoneで言うところの「低電力モード」、Xperiaでは「STAMINAモード」にあたる機能ですね。

A.通常はオフになっており、皆さんも開いた時はオフになっていると思います。

B.こちらはオンにした状態です。3つオン / オフできる項目がありますので順に説明します。

画面の明るさを下げる」は名称の通り、画面の明るさを一定に下げます。

自動画面オフが15秒に設定されました」は少し分かりづらい表現ですが、何も操作をしないままスマホを15秒以上放置すると自動的にスリープ状態に入る機能です。

バックグラウンド同期を無効化」では裏でアプリなどが自動同期するのを防いでバッテリー消費を防ぎます。

 

それと「省エネモード」をおんにすると画像のように右上のバッテリーアイコンが青色に変化します。ここで省エネモードが否かを見分けることが可能です。

 

スマート省エネ

次は「スマート省エネ」の解説であわせて「電力消費量」も解説します。

A.スマート省エネ(推奨)をオフにした状態です。デフォルトではオンになっています。オフにすると『カスタム電力消費保護』の項目が出現します。

B.カスタム電力消費保護を開くとインストールされているアプリ一覧が表示されます。そこからアプリ毎にバックグラウンド(裏)での動作を指定することができます。

この『スマート省エネ』は初めから設定されている省エネ項目なので良くわからない方はオンのままでも構いません。

C.「電力使用量」の画面です。今日、昨日、一昨日とバッテリーを多く消費したアプリを確認できます。

 

節電オプション

節電オプションには「スリープモード」のみ項目が用意されています。

説明にもある通り、使用者が睡眠中か否かを自動で判断し省電力化するようですね 精度は分かりませんが特に理由がなければオンのままでいいと思います。

 

ステータスバーにバッテリー残量(%)を表示する

この項目は電池持ちと直接関係のない項目ですね。デフォルトでオンになっておりバッテリー残量を確認できる大事な部分なのでそのままで良いと思います。

 

以上「バッテリーの設定を確認する」でした。

最後に...

f:id:Azusa_Hirano:20190620142017j:plain

電池持ち、スマートフォンを選ぶ時の条件になるほど大事な部分ですよね。冒頭でも述べましたが『災害』いつ何時起きるか分からず、常に隣り合わせな危険な存在ですよね。

是非1度設定の見直しや、日常的にWi-Fiのオンオフを心がけてみて下さいね!

以上参考になりましたら幸いです。

またOPPOの事でお困りになりましたらココ『OPPOラボ』に訪れてください。