OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

OPPO Reno7 A 初の更新プログラムが配信。OSはAndroid 11のまま

6月23日に発売されたばかりのOPPO Reno7 A(SIMフリーモデル)に発売後初めてとなるソフトウェア更新が開始されました。

第一弾のアップデートでは、OPPO Reno7 Aで発生するという3つのフリーズ現象が修正されるほか、新しいセキュリティパッチの適用など改善が盛り込まれています。

一方でAndroid OSは11のままとなっており、引き続き旧機種より1つ古いバージョンが搭載されます。

 

『OPPO Reno7 A』3つのフリーズ現象などが修正へ

OPPO Reno7 Aへ配信がはじまっている初めての更新プログラムでは、同機種でおきる3つのフリーズの原因となっている不具合が修正されるということです。

また一部の環境における安定性が改善されているといい、ほか2022年6月のAndroidセキュリティパッチが適用され、システムのセキュリティを向上させるとしています。

更新ファイルの容量は297MBで、デバイスに通知されたアップデートにおける変更点の全文は次のとおりです。

セキュリティ

2022年6月のAndroidセキュリティパッチが適用され、システムのセキュリティを向上させます。

カメラ

フロントカメラを使用した写真撮影の際に生じる、見た目のレタッチに関する問題を修正しま

した。

アプリ

写真上を拡大したり縮小したりすると写真アプリがフリーズする問題を修正しました。

システム

画面を自動回転させるとホーム画面がフリーズする問題を修正しました。

最適化

一部の環境におけるシステムの安定性を改善しました。

デバイスの充電中にアプリ内HD動画がフリーズする問題を修正しました。

 

ソフトウェア更新をインストール Android 11から変更なし

ソフトウェアアップデートをOPPO Reno7 Aにインストールしましたところ、まずAndroidセキュリティパッチレベルが2022年6月5日に更新されました。

フリーズの現象については更新前の挙動を確認していないものの、アップデート後記載されていた操作を行いましたが、とくに端末が固まることなく動作しています。

一方でColorOSのバージョンは12ですが、Androidバージョンは初期搭載の11でから変更はないマイナーアップデートとなります。

端末にインストールされているバージョンを示すビルド番号は「CPH2353_11_A.10」となりました。

 

楽天モバイルなどキャリアモデルには未配信

OPPO Reno7 Aに配信された更新プログラムですが、現時点ではSIMフリーモデルの個体のみに配信されています。

本機種はRakuten Mobileやauなどから販売されているキャリアモデルが発売中ですが、6月30日時点で取り扱う通信事業者からアップデートのお知らせはでていません。

なおOPPO端末のキャリアモデルへのソフトウェア更新はSIMフリー版の配信から期間をおいて通知されることが多いため、後日対応していくものと思われます。

 

関連記事 : OPPO Reno7 A、旧機種より古いAndroid 11を初期搭載

情報元(Source) 1 : ソフトウェアアップデートのお知らせ | 楽天モバイル

情報元(Source) 2 : バージョンアップ情報 | 製品サポート | サポート |Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

情報元(Source) 3 : 製品アップデート情報一覧│製品アップデート情報│au

情報元(Source) 4 : 製品アップデート情報│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】