OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

OPPO Reno7 A、au版・UQモバイル版にもAndroid 12バージョンアップが開始

KDDIはauとUQモバイルで販売している「OPPO Reno7 A」型番OPG04に、Android 12へのソフトウェアアップデートを開始したことを発表しました。

OPPO Reno7 Aは今年発売の機種ですが、初期OSにAndroid 11を搭載しているスマートフォンで最新OSが利用可能になった形です。

 

auとUQモバイル 同日にAndroid 12への更新を通知

auとUQモバイルは、12月5日にOPPO Reno7 A OPG04にAndroid 12へのソフトウェアアップデートの配信を行うことを明らかにしました。

auによりますと、配信は12月6日から順次はじまるということです。

またAndroid 12が利用可能になるほか、海外VoLTEも利用が可能になるとしています。

auではアップデートファイルのサイズが約4.3GBと大きいことから、Wi-Fiを使用しての更新を推奨しています。

ほかアップデート内容と注意事項を確認の上、OSアップデートを実施するよう呼びかけています。

 

Android 12における変更点も発表

auとUQモバイルは、OPPO Reno7 A OPG04にAndroid 12を提供するにあたり、OSアップデートでの変更点を案内しています。

盛り込まれている新機能としてまず「壁紙」に関する項目が案内されており、オンラインで壁紙をダウンロードできる機能が追加されたほか、壁紙の色を各ボタンなどに適用できるようになるということです。

 

ほか画面上部に表示されているバッテリーの残量を示す表示が変更できるようになるとしています。

 

SIMフリー版からは1ヶ月遅れで配信

au/UQモバイルモデルに更新の配信が開始されているのは12月6日ですが、一方でSIMフリーモデルは約1ヶ月前の11月9日からソフト更新がはじまっています。

また同じ通信事業者モデルであるワイモバイル版と楽天モバイル版には、先月26日からアップデートが実施されています。

auとUQモバイルは、多数あるOPPO Reno7 Aの中でも最も遅くAndroid 12が利用できるようになった形です。

一方で過去機種では、配信時期に3ヶ月以上差が生じた例もあって、1ヶ月以内に配信が行われたのは早期提供といえます。

 

関連記事 : オッポ専務、OPPO Reno7 AはColorOS 13にすると取材で明かす

情報元(Source) 1 : OPPO Reno7 A(オッポ リノセブン エー)OPG04 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

情報元(Source) 2 : OPPO Reno7 A OSアップデート情報 |