OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

Redmi Note 11の人気が高まっていることが判明〜OPPO Reno7 A超える販売数

シャオミがことし2月に発売した「Redmi Note 11」の人気が12月に入って高まっていることが、最新のスマートフォン実売台数ランキングから分かりました。

販売ランキングでは存在感が低下していたXiaomiですが、ここにきてOPPOより売れ始めています。

 

突如「Redmi Note 11」が追い上げ

スマートフォンの市場調査を実施しているBCNは「今売れてるAndroidスマートフォンTOP 10」の12月24日号を発表しました。

BCNランキングによると、2022年12月12日から12月18日までの集計期間中にRedmi Note 11が販売数6位になったということです。

Redmi Note 11は前週までTOP 10圏外だったところが、1週間で人気を高めた形となっています。

1位 Galaxy A53 5G SC-53C(SAMSUNG)
2位 Pixel 6a(au)(Google)
3位 Pixel 6a(Softbank)(Google)
4位 AQUOS wish2 SH-51C(シャープ)
5位 Pixel 7(au)(Google)
6位 Redmi Note 11(Xiaomi)
7位 arrows We FCG01(FCNT)
8位 Reno7 A(OPPO)
9位 Xperia 10 IV(ソニー)
10位 arrows We F-51B(FCNT)

ランキング全体で見ますと、前週トップであったGalaxy M23 5GがTOP 10から外れることとになり、首位はGalaxy A53 5Gと交代しました。

ほか前週までランクインしていたOPPO Reno5 Aが姿を消した一方で、Reno7Aは8位に順位を上げており、オッポは最新機種の安定した売れ方が続いています。

OPPO Reno7 A

 

Redmiランクインは急浮上、一時的な勢いか

Redmi Note 11は突如販売台数6位にまで急浮上することになっていますが、これは一時的なものであるとみられます。

年越しをまえに、各通信事業者ではスマートフォンの特価販売が相次いでおり、Redmi Note 11を取り扱っている通信会社でも端末の年末セールが実施されています。

例として「OCNモバイルONE」が今月26日まで開催しているセールでは、Redmi Note 11は一括2,750円という大幅な割り引きが行われていて、こうした端末の値引きが同機種の販売数の増加を助けたものと思われます。

セールによる販売台数の増加は一過性であり、通信事業者によるセールが終了次第Redmi Note 11は徐々に順位を下げていく可能性が高いと推測されます。

 

関連記事 : 3ヶ月連続で新機種。シャオミ、今月も新モデルがきょう発売

情報元(Source) 1 : 今売れてるAndroidスマートフォンTOP10、Google「Pixel 7(au)」が5週ぶりにTOP5入り 2022/12/24 - BCN+R

情報元(Source) 2 : 今売れてるAndroidスマートフォンTOP10、SAMSUNGが2週連続1位・2位独占 2022/12/17 - BCN+R

情報元(Source) 3 : 【特価期間 ~12/26】Redmi Note 11 | OCN モバイル ONE オンラインショップ | OCN