OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

OPPO Reno5 A、後継機が出たあとも好調に売れていることが判明

先月に後継モデルが発売されたOPPO Reno5 Aは旧モデルに型落ちしましたが、その後も人気を保ち一定の販売台数を売り上げていることが、BCNの「今売れてるAndroidスマートフォンTOP 10」から分かりました。

値下げなどが理由と見られ、OPPO Reno7 A発売後も1つの売れ筋のAndroid端末となっています。

 

OPPO Reno5 A 新モデルふくめ2機種もランクイン

OPPO Reno5 Aには2021年6月から売られている通常版と、今年2月にワイモバイルのみで発売されたeSIM対応版の新モデルが存在しています。

BCNが7月9日に発表したAndroidスマートフォンの実売台数ランキングによりますと、この旧機種となったOPPO Reno5 Aが2モデル共ランクインをはたしました。

新モデルのeSIM対応版が9位、通常モデルが10位となっており、後継モデルのOPPO Reno7 Aは5位に着地しています。

ランキングの集計期間は2022年6月27日から7月3日までの1週間です。

1位 AQUOS wish2 SH-51C(シャープ)
2位 Galaxy A53 5G SC-53C(SAMSUNG)
3位 Pixel 5a (5G)(Softbank)(Google)
4位 Xperia Ace III SO-53C(ソニー)
5位 Reno7 A(OPPO)
6位 AQUOS wish A104SH(シャープ)
7位 arrows We F-51B(FCNT)
8位 Libero 5G II(Y!mobile)(ZTE)
9位 Reno5 A(eSIM対応版)(Y!mobile)(OPPO)
10位 Reno5 A(OPPO)

 

旧機種人気 要因は価格値下げか

OPPO Reno7 A発売後もなお存在感を表しているOPPO Reno5 Aですが、後継機登場後も売れている理由の1つには販売価格の値下げが影響しているものと見られます。

たとえば Y!mobileオンラインストア でOPPO Reno5 A(eSIM対応版)を購入する場合、他社からの乗り換え(MNP)などといった要件を満たすことで最安の場合3,980円で購入することができます。

またオウガ・ジャパン(OPPO Japan)が販売しているSIMフリーモデルのOPPO Reno5 Aを5月から値下げしており、こうした変化によって後継機のリリース後も競争力を保ち続けているものと考えられます。

OPPO Reno7 Aは発売直後から順調に売れていますが、しばらくはOPPO Reno5 Aも並行して売れることとなりそうです。

 

関連記事 : オッポ、OPPO Reno5 Aを4,000円の値下げ

情報元(Source)1 : 今売れてるAndroidスマートフォンTOP10、シャープ「AQUOS wish2」が初首位 2022/7/9 - BCN+R

情報元(Source) 2 : OPPO Reno5 A(eSIM対応版)+ SIMカードを購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)