OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

年越し後も『OPPO Reno5 A』好調の模様。年末年始に売れたAndroidスマホが発表

f:id:Azusa_Hirano:20220109031044j:plain

マーケティング調査を手掛けるBCN+Rは、2021年12月27日から年を越して2022年1月2日までの1週間に集計された、『今売れているAndroidスマートフォンTOP 10』の2021年1月8日号を発表しました。

年末から年始にかけての実売台数ランキングになるわけですが、年をまたいだ1週間においてはOPPO Reno5 Aが比較的好調に売れています。

 

年末年始「OPPO Reno5 A」が売れ筋5位に

f:id:Azusa_Hirano:20210525134237j:plain

BCN+Rが2021年の12月27日からの1週間、2022年1月2日までに集計したAndroidスマートフォンの実売台数ランキングの結果は以下に記しているとおりです。

うちオッポ製端末は「OPPO A54 5G」が7位、そしてOPPO Reno5 Aが5位に躍り出ることとなりました。

1位 AQUOS sense4 basic A003SH(シャープ)

2位 arrows We F-51B(FCNT)
3位 Galaxy A22 5G SC-56B(SAMSUNG)
4位 Pixel 5a (5G)(Softbank)(Google)
5位 Reno5 A(Y!mobile)(OPPO)
6位 Xperia 10 III SO-52B(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
7位 A54 5G(OPPO)
8位 かんたんスマホ2 A001KC(京セラ)
9位 Galaxy A52 5G SC-53B(SAMSUNG)
10位 Xperia Ace II SO-41B(ソニーモバイルコミュニケーションズ)

f:id:Azusa_Hirano:20211129060846j:plain

OPPO A54 5GとOPPO Reno5 A

 

OPPO Reno5 Aの順位が再び回復

今回は5位に着地する好調の模様を見せているOPPO Reno5 A。ただ2週間ほど前の同じBCNの「Androidスマートフォン実売台数ランキング」では5位はOPPO A73、Reno5 Aは9位に留まっていたのですが、今週に入ってからは再び順位を伸ばした形です。

またOPPO A54 5Gも7位にランクインしていて、本機種は一時期には安定した順位を上下していましたが、今年も手堅い着地点を固められるかが注目されます。

f:id:Azusa_Hirano:20211220070441j:plain

OPPO A54 5Gは一時期安定していた順位に戻ってきた印象

一方でGoogle Pixel 5が4位に入り込んでいて、今回OPPOはピクセルに一歩及ばなかった様子が見受けられます。

年を越しても好調に売れているOPPOの2モデル、昨年は特にXiaomiが存在感を大きく強めた1年となりましたが、今年OPPOも同じ中国メーカーの影に隠れないように新しい展開へ期待したいところです。

 

関連記事 : OPPO Reno3 Aがロングセラー『2021年に売れたスマホ』上位10位明らかに