OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

OPPOスマホのナビゲーションバーのカスタマイズと設定

f:id:Azusa_Hirano:20210417164520j:plain

オッポを始めとする、各Androidスマートフォンには必ず搭載されていて、端末の操作の多くを担っている「ナビゲーションバー」。

本ページではOPPO製スマホにおける、ナビゲーションバーの設定とカスタマイズについて解説します。

 

 ナビゲーションバーとは? 

OPPOを含む、Androidスマートフォンを使用する上で欠かせない存在で、多くの製品では「戻る」「ホーム」「タスク」の3つのボタンで構成されています。

f:id:Azusa_Hirano:20210626074557j:plain

OPPO端末のナビゲーションバー

他社のAndroid端末の場合は操作方法を固定されたものから変更できない場合もありますが、オッポの「ColorOS」では計3つの操作形態が提供されており、他社製品から移行した場合でも、慣れ親しんだ使い方に類似した操作方法を選ぶことが出来ます。

f:id:Azusa_Hirano:20210626074608j:plain

3つの操作形態が用意されていて、あった使い方を探せる

 

ナビゲーションキーの設定画面にアクセスする

f:id:Azusa_Hirano:20210626070750j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210626070755j:plain

① ホーム画面より「設定」をタップし、設定アプリを開きます。

② 設定が開けたら「スマートアシスト」または「便利機能」をタップして下さい。

f:id:Azusa_Hirano:20210626071058j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210626070800j:plain

③ 「ナビゲーション」を押します。

④ ナビゲーションバーの設定画面にアクセス完了です。

 

ナビゲーションバーを設定・選択する

OPPOではナビゲーションバーにいくつか種類が用意されています。

仮想ボタン(バーチャルキー)

「仮想ボタン」(バーチャルキー)は一般的なAndroidと同じく3つのボタンで構成された操作方法になります。

f:id:Azusa_Hirano:20210626070805j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210626070810j:plain
「仮想ボタン」の設定項目

OPPO端末のデフォルトでは、左からタスク管理・ホームボタン・バックボタンの構成

となっています。

これ以外には、標準設定であるバックキーの位置を右側から左側に変える選択肢も用意されていて、『キーレイアウトの選択』にある2つから選ぶことが出来ます。

 

両側からのスワイプジェスチャ

f:id:Azusa_Hirano:20210626074617j:plain

「両側からのスワイプジェスチャー」は完全にスワイプのみでコントロールできるの操作方法です。

全ての操作をスワイプで完結でき大画面に向いた操作方法となっており、iPhoneで採用されている操作形態に近いものになります。

f:id:Azusa_Hirano:20210626070815j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210626070820j:plain
「両側からのスワイプジェスチャ」設定画面

切り替えるには「両側化のスワイプアップジェスチャー」を選ぶことで有効にすることが可能。

また次のオプションも用意されているので、ある程度利用者が使い勝手に変化を与えることが出来ます。

  • ジェスチャーチュートリアル : スワイプアップジェスチャーの操作方法を確認できます
  • ジェスチャーガイドバーを非表示にする : オンにすると画面下部に表示されているバーを非表示に出来ます。
  • 以前のアプリに切り替え : 有効にすると、少し長めに画面端からスワイプすることで、直近に利用したアプリを起動することが出来るようになります。
  • ミスタッチ防止 : 名称の通り、特定の環境下でミスタッチが生じることを防ぎます。
 
 

スワイプアップジェスチャー

「スワイプアップジェスチャ」は3つの異なる箇所ををスワイプしてコントロールするOPPO独自の操作方法です。

上述した「両側からのスワイプジェスチャー」と類似していますが、スライド操作ながら「仮想ボタン」と同様に画面下部で全ての操作を完結できるのが特徴です。

f:id:Azusa_Hirano:20210626070827j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210626070833j:plain

利用するには「ナビゲーション」設定の『その他』より有効化することが可能で、また両側からのスワイプアップジェスチャーと同じく、いくつかのオプション項目も用意されています。

操作イメージとしては「仮想ボタン」の操作をスワイプ化したもので、3つのボタンを表示したときのように、画面を広く占領しない為OPPO特有の大画面ディスプレイを活かす事が可能です。

  • ジェスチャーガイドバーを非表示にする : オンにすると画面下部に表示されてるバーを非表示に出来ます。
  • ミスタッチ防止 : 有効にするとスマートフォンが水平に置かれている特状況下下でミスタッチが生じることを防ぎます。

 

関連記事 : OPPOの操作方法『両側からのスワイプジェスチャ』使い方と設定