OPPOラボ

OPPO関連の最新情報をお届け

ビックカメラ『スマホ福袋』入っていた機種はOPPO A54 5G

f:id:Azusa_Hirano:20220101123622j:plain

家電量販店大手のビックカメラは昨年12月に福袋販売となる『2022年新春福箱』を抽選発売しています。

そして「2022年新春福箱 海外メーカーSIMフリースマホ」と例年通りSIMフリースマートフォンも対象とされていたのですが、その中身はヨドバシカメラ等の福袋と同様にOPPOであることが判明しています。

 

ビックカメラのSIMフリー福袋はOPPOに

f:id:Azusa_Hirano:20211216045514j:plain

ビックカメラで抽選販売された「2022年新春福箱 海外メーカーSIMフリースマホ」は、14,800円の価格設定で発売されていました。

この時点で分かっているのは日本国外のブランドのSIMフリー端末であること、14,800円よりかはやや高価な機種である事ですが、結果は「OPPO A54 5G」であることが、購入者らの報告から明らかになっています。

 

31,800円のOPPO、ビックカメラは結構お得な部類?

f:id:Azusa_Hirano:20210526102002j:plain

スマートフォンの福袋となると、当たり外れなどと言ったものが機種と価格で評価されますが、まずOPPO A54 5Gは2021年6月に発売された最新モデルです。

このようなSIMフリースマホの福袋では型落ちモデルが入っていることも珍しくありませんが、今回は最新機種が入ることとなりました。

OPPO A54 5Gの価格はOPPO公式ショップで31,800円で発売されています。

f:id:Azusa_Hirano:20220101120055j:plain

正規ショップのOPPO公式楽天市場店では31,800円で取り扱われている

福袋の販売価格であった14,800円を本来の価格から差し引くと、実に半額に近い約17,000円ほどの差額が生じます。

このような背景から考慮すると、最新モデルが入っていた今回の「新春福箱 海外メーカーSIMフリースマホ」福袋のお得度は高めの部類であると言えるでしょう。

なおOPPO A54 5Gはオッポの中でも売れ筋の機種の1つです。

f:id:Azusa_Hirano:20211210023255j:plain

14,800円で31,800円のスマートフォンが手に入った

 

価格差ある「夢のお年玉箱」より充実した内容に?

f:id:Azusa_Hirano:20211214060241j:plain

ちなみに競合のヨドバシカメラ.comは、「夢のお年玉箱 SIMフリースマホOPPOの夢」を10,000円で発売し、中身は2020年リリースのOPPO A73であることが分かっています。

それとビックカメラは比較すると4,800円ほど高い価格設定であるものの、5,000円弱の差額ながらコチラは5G対応の最新機種が手に入ったと考えると、ビックカメラのほうがお得度は上回ることとなったと見れます。

 

関連記事 : ヨドバシスマホ福袋「Xiaomiの夢」などの中身の機種明らかに