OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

対応進むeSIM。OPPOスマホのeSIM搭載機種は?

f:id:Azusa_Hirano:20210828194617j:plain

組み込み型SIMカード「eSIM」は、つい先日auが対応を公表した他、政府のeSIMへの対応を推し進めるなど、日本でもeSIMが利用できるその範囲は広がりつつあります。

そして近年日本でも人気のOPPOもeSIM対応機種を発売していて、オッポスマートフォンでeSIMが利用できる端末を紹介します。

 

OPPOが発売したスマートフォンでeSIMを搭載する端末

f:id:Azusa_Hirano:20210619164401j:plain

OPPOが販売しているスマートフォンにおいて、eSIM機能に対応している端末は次のとおりです。

2020年11月に発売された「OPPO A73」以降のモデルから、eSIMが使える機種がリリースされるようになりました。

この中で現時点で、最も低価格で購入できるのは「OPPO A73」で新品が15,000円前後で入手可能なほか、楽天モバイル など一部の通信会社では1円での特価販売など、とても安価なeSIM対応モデルとなっています。

f:id:Azusa_Hirano:20210821235604j:plain

超リーズナブルなeSIM機「OPPO A73」

 

キャリア版では非対応の場合も

一方で同名の機種であっても、OPPOのスマートフォンでは、携帯電話会社から販売されたモデルにおいてはeSIM機能がなくされています。

下記の端末ではSIMフリーモデルでは利用できるものの、いわゆる「キャリア版」では機能そのものが失われており、利用できません。

  • OPPO Reno5 A A002OP(ワイモバイル版)
  • OPPO Find X3 Pro OPG03(au版)

これらは物理SIM専用の端末となっているほか、SIMカードトレイの仕様にも変更がなされており、シングルSIM化がなされています。

f:id:Azusa_Hirano:20210828192038j:plain

OPPO Japanが公開する製品ページにも示されている

 

eSIM目的でOPPOを買う場合は「SIMフリー版」を

キャリアモデルのOPPOスマートフォンは、特に「Reno5 A」などでSIMフリーモデルより安価に出回っています。

ただ上述したように低価格な分、SIMフリーモデルから特に肝心なSIMカード辺りの仕様は大きく変更されているのが現状です。

f:id:Azusa_Hirano:20210818173645j:plain

eSIMに対応する3モデル

もしOPPOのスマートフォンでeSIMの利用を目的の1つとして購入される場合は、当記事で紹介した端末のSIMフリー版にしておけば間違いなくeSIM機能が有効です。

SIMフリーモデルのOPPO端末の購入は『OPPO公式楽天市場店』やアマゾンなどから入手することができます。

 

関連記事 : OPPO Reno5 Aで「eSIM」以外の不具合も発生していたことが明らかに